ncduコマンドを使うと容量の把握が楽になる

CentOSでは普段dfコマンドを使いますが、それより便利なコマンドが出てきたのでそっちの紹介をします

dfコマンド

HDD(SSD)の容量を確認するときに使います

[root@kanturitest ~]# df -h
Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
/dev/sda1 25G 2.5G 23G 10% /
devtmpfs 287M 0 287M 0% /dev
tmpfs 294M 0 294M 0% /dev/shm
tmpfs 294M 17M 278M 6% /run
tmpfs 294M 0 294M 0% /sys/fs/cgroup
tmpfs 59M 0 59M 0% /run/user/1001

このように使う事が多いと思います。ディスク全体の容量などの確認にはいいですが、これだとこが ボトルネック がわからないというのがあります

ncduコマンドを使うことでボトルネックが分かる

dfコマンド ではなく、ncduコマンド を使う事でボトルネックが把握できるようになります。

実際に使ってみたいと思います。まずはインストールから始めます

[root@kanturitest ~]# yum install ncdu

これでインストール完了です
実際に使ってみます

[root@kanturitest ~]# cd /
[root@kanturitest /]# ncdu

┌───Scanning...─────────────────────────────────────────────────────────────┐
   │                                                                           │
   │ Total items: 89427   size: 520.2 MiB                                      │
   │ Current item: /usr/lib/kbd/unimaps/cp1250.uni                             │
   │                                                                           │
   │ Warning: error scanning /proc/7083/fdinfo/3                               │
   │  some directory sizes may not be correct                                  │
   │                                                                           │
   │     nning...                                             Press q to abort │
   └───────────────────────────────────────────────────────────────────────────┘

--- / -------------------------------------------------------------------
    1.8 GiB [##########] /usr                                            
  346.5 MiB [#         ] /var
  115.5 MiB [          ] /boot
   34.5 MiB [          ] /etc
   16.4 MiB [          ] /run
    1.9 MiB [          ] /root
  924.0 KiB [          ] /tmp
  120.0 KiB [          ]  GeoIP-1.6.9-2.el7.art.x86_64.rpm
   80.0 KiB [          ] /home

このようにスキャンをしてどこが一番重たいか分かるようになっています。移動は矢印キーでできて、エンターキーで次の階層へ移動できます。
何が一番容量使っているかの調べるのに便利です。終了するときは「q」キーを押します。

是非使ってみて下さい