TortoiseSVNコミットエラーの原因の一つはセキュリティーソフトだった

TortoiseSVNを自宅のWindowsにいれました。しかしコミット中にエラーが起きて原因を調べていたのですが、参考サイトなどをみても特に設定に問題があるわけではなくてわかりませんでしたが、一つ原因がわかりましたので同じような境遇の人は参考にしていただければと思います。

使用ソフト

  • Windows7 64bit
  • TortoiseSVN 1.7.7
  • セキュリティーソフト:Kaspersky Internet Security2012

エラー内容

コミット中に以下のようなエラーがでます。

コミットに失敗しました (詳しい理由は以下のとおりです):
PUT (URL:
‘/repos/該当ディレクトリ/!svn/wrk/f5126b06-6e75-3e47-a63d-17b4f063366b/該当ディレクトリ/download/sea_002_S.zip’):
Could not read status line: connection was closed by server
(http://192.168.167.84)

※IPアドレスの部分は環境によってはホスト名になります。
※IPアドレスはじっさいのと変更してあります。

原因:カスペルスキーのネットワークフィルタリング

エラー文とかで検索すると、Apacheの設定だったりバージョンの問題とかありましたが、僕の場合は単純にセキュリティーソフトが遮断をしていただけでした。カスペルスキーの設定を少々変更します。

手順:1設定をクリック

カスペルスキーの設定画面を開きます。右上の歯車のアイコンをクリックしてください

手順2:詳細をクリック

段ボールのようなアイコンをクリックします。

手順3:設定をクリック

ここでアプリケーションの除外設定をします。

手順4:追加をクリック

除外アプリケーションのタブに移動して、追加をクリックします。

手順5:アプリの追加

アプリケーションをクリックします。

手順6:tortoisesvnのクライアントなどを追加

TortoiseSVNのクライアントなどを追加します。

設定完了

以上で設定完了です。これでコミットできるようになります。今回はカスペルスキーのセキュリティーソフトでしたが他のセキュリティーソフトでもなる可能性はあるのでエラーとなる人はセキュリティーソフトを見直してみてください。