この方法では失敗します。CentOS7にRuby2.3.0をインストール-さくらのVPS

さくらのVPSでCentOS7にしたサーバーがあります。今回はこれにRubyのインストールをしていきます。尚、前提条件としてApacheが入っている事になります。
※本記事ではApacheとRubyの関係はありません。また、この方法でインストールした場合は最終的にフレームワークは動かない可能性があるのでお勧めしません。

必要なパッケージをインストール

# yum -y install gcc
# yum -y install readline-devel
# yum -y install openssl-devel

Rubyのインストールには上記3つのパッケージが必要になりますので、事前にインストールしておいてください。

rbenvを使ってインストール

Rubyのインストールは過去ソースからコンパイルしてインストールしたことがありますが、現在はバージョンアップなどがあるときにrbenvというのを使うとバージョンアップなども簡単にできるためここからインストールしたほうがいいみたいです。そのため今回はこのrbenvというのを使います。

gitが入っていなければインストール

gitを使うため、入っていなければインストールしてください。CentOS7ならデフォルトで入っているかも知れません

# yum -y install git

rbenv をインストール&設定します

まずはインストールします。

# git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv

次に環境設定をします。

# PATH に追加
$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile

# .bash_profile に追加
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile

# 上記設定の再読み込み
$ exec $SHELL -l

rbenvのバージョンの確認

# rbenv --version
# rbenv 1.0.0-19-g29b4da7

ruby-buildをインストール

# git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

rubyの最新版を確認

# rbenv install --list
Available versions:
  1.8.6-p383
  1.8.6-p420
  1.8.7-p249
  1.8.7-p302
  1.8.7-p334
  1.8.7-p352
  1.8.7-p357
  1.8.7-p358
  1.8.7-p370
  1.8.7-p371
  1.8.7-p374
  1.8.7-p375
  1.9.1-p378
  1.9.1-p430
・
・
・

と結構色々なバージョンが続きます。Webサイトで確認したところ現在の安定版は2.3.0みたいですが初めてインストールするので参考サイトと同じバージョンを入れます

Rubyのインストール

# rbenv install -v 2.3.0

こんな感じでインストールが始まり終わります。

環境確認

まずは再読込をします。

# rbenv rehash

インストールされているバージョンを確認します

# rbenv versions
2.3.0

バージョン変更

先ほどインストールした2.3.0にします。

rbenv global 2.3.0

確認します

# ruby -v
ruby 2.3.0p0 (2015-12-25 revision 53290) [x86_64-linux]

これで完了です