さくらのVPSでローカルネット接続する

さくらのVPSを借りて、Web+DBサーバーの構築をしてみたいと思います。

構成

  • Webサーバー:eth0:グローバルIP、eth1:ローカルIP
  • DBサーバー:eth0:グローバルIP、eth1:ローカルIP

さくらのVPSでOSはCentOS7で作業します。

まずはIPアドレスの確認

ip a

1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN 
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 ::1/128 scope host 
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: eth0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000
    link/ether 9c:a3:ba:01:d6:5d brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 153.1xx.xxx.xxx/23 brd 153.126.169.255 scope global eth0
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 2401:2500:102:3020:153:126:169:167/64 scope global 
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 fe80::9ea3:baff:fe01:d65d/64 scope link 
       valid_lft forever preferred_lft forever
3: eth1: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000
    link/ether 9c:a3:ba:03:5c:fd brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
4: eth2: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000
    link/ether 9c:a3:ba:04:e3:9d brd ff:ff:ff:ff:ff:ff

とIPアドレスがでました。グローバルIPはわざと隠しています。見るとeth1にIPアドレスはありません。

eth1にIPアドレスを追加していく

[root@]# cd /etc/sysconfig/network-scripts
[root@]# ls
ifcfg-eth0  ifcfg-lo     ifdown-eth   ifdown-ipv6  ifdown-ppp     ifdown-Team      ifup          ifup-eth   ifup-ipv6  ifup-plusb  ifup-routes  ifup-TeamPort  init.ipv6-global
ifcfg-eth1  ifdown       ifdown-ib    ifdown-isdn  ifdown-routes  ifdown-TeamPort  ifup-aliases  ifup-ib    ifup-isdn  ifup-post   ifup-sit     ifup-tunnel    network-functions
ifcfg-eth2  ifdown-bnep  ifdown-ippp  ifdown-post  ifdown-sit     ifdown-tunnel    ifup-bnep     ifup-ippp  ifup-plip  ifup-ppp    ifup-Team    ifup-wireless  network-functions-ipv6

ifcfg-eth1がいました。これがeth1のカードになります。CentOS7からはnmtuiというコマンドを使うことでGUI経由で設定ができます。

nmtuiを使ってみる

[root@]# nmtui

コマンドを入力します。こうするとGUIの画面が立ち上がってきます。

Edit a connection
Edit a connectionをクリックします

img_7178_002

今回はeth1を設定するのでeth1にカーソルを合わせてエンターを押してください。

img_7178_003

Profile nameがデバイス名になります。なんか変な感じになっていますがここはeth1に変えてください。多分どこかで間違えたと思います。最後の方では直っているはず。。

IPv4 CONFIGURATIONAutoomaticになっています。固定IPを振るので変更します。

img_7178_004

Manualに変更します。

img_7178_005

固定IPの設定をするために<Show>おEnterします。

img_7178_006

Showを押すと設定画面がでてきます。固定IPにするのでAddressの箇所をいれていきます。

img_7178_007

今回は192.168.20.20というローカルIPを設定しました。Gatewayも設定します。設定が終わったら右下のOKを押します。

img_7178_008

OKを押したらQuitをEnterします。

ネットワークの再起動

設定が終わったらネットワークの再起動をします。CentOS7なのでsystemctl restart NetworkManagerで再起動できますがやってもIP反映されませんでしたので別のコマンドにします。

nmcli c down eth1; nmcli c up eth1

これで再起動します。これでIPが反映されます。

サーバーの再起動するとIPは反映されていない

この設定をするとサーバー再起動するとeth1の設定が消えてしまいます。そのため、nmtuiの設定を少し変更します。

img_7178_009

Automatically connectとAvailable to all usersにチェックをいれます(キーボードのスペース)これで再起動しても設定されています。