目標10,000記事!

目標10,000記事!

logwはInternet Explorerには対応しておりません。

logwはInternet Explorerには対応しておりません。

このスライドは、ブログとは何の関連もありません。

このスライドは、ブログとは何の関連もありません。

マルチドメインSSLって何?

SSLといえばセキュア接続するための方法です。一つのドメインに対して一つの証明書が必要です。VPSや専用サーバーを契約して複数のサービスを運営している場合はドメイン毎にSSLの設定をしないといけないのと契約をしないといけないです。今回はマルチドメインSSLについて調べたことです。スターフィルドのマルチドメインSSLについて記載しています。

SSLの決まり事

SSLは電子証明書でセキュア接続(https://〜)ためのものです。このセキュア証明書は一つのドメインに対して一つ発行をしているので同じサーバーにあってもドメインが違えば使えません。さらに、『www』がありとなしで別ドメインと認識しているのでSSLにおいてはwww.logw.jpとlogw.jpは別サイトとして認識されます。なので証明書を取得するときは気をつけないといけません。

バーチャホストを使っている場合もサイト毎に証明書が必要となります。ドメイン認証でも年間3万円近くするので3サイトでも9万円とかなり高いです。

マルチドメインSSL証明書

マルチドメインSSL証明書というのは、一枚の証明書で複数のサイトで使えるSSLの証明書になります。自宅サーバーで自分のサイトを複数運営している人や、VPSとかで借りている人はお勧めなSSLの取得方法になります。

一枚の証明書でサーバー内に入っているサイトに使えます。

マルチドメイン証明書のメリット

メリットとしては以下の事があります。

  • ドメインの数が多ければ単価が下がる
  • 一枚の証明書で複数のドメイン使える
  • 任意のサブドメインを無制限に使える(ワイルドカードドメイン)

マルチドメインSSLのデメリット

デメリットとしては以下の事があります。

  • 価格がドメインの数によって変わる

まとめ

今回はスターフィルドのSSLを紹介させていただきました。他社でもこのサービスを実施しているとこはあるかもしれませんが、現在logwが把握しているのはこの一件だけになります。またわかり次第追記するなり新しく記事を書いていきたいと思います。

サイトラボではお仕事募集しています。WEBサイトの制作、サーバーの構築などしています。是非お問い合わせください。

管釣り.com-KANTSURI-公開中。ゆっくり作っていきます。

この記事が役に立ったと思って頂けましたらシェア御願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加