あるサイトのお手伝い

サイトをもつ上で独自ドメインを持つ事があります。今では殆どの人が持っているのでないでしょうか。さて、先週はデスマだったせいで記録が残せなかったのでちょっとお手伝いした事を書いてみたいと思います。

今回の記事は僕は特に何もしていません。僕は口をだして手伝っただけです。

ドメインを使ってサイトを持ちたい

僕の知り合いのツイッターのフォロワーさんが独自ドメインを持って自分でWPの構築をしてみたいと言っていました。サーバーはあるとこを使っています。公開はできません。その女性はWPをインストールした事もなければ、自分でドメインの取得をした事も無いです。いわば何もできない人です。しかし、この女性はできることなら自分でやってみたいと勉強家です。素晴らしいですよね。そこで簡単なアドバイスをしながら構築をしました。

ドメインの取得

まずはドメインを取得しようという話をして、ドメインを考えておいてと伝えました。ドメインをとるときはムームードメインかお名前.comがいいよと僕は女性にアドバイスしました。お名前.comのほうが若干高いけど企業も使っているしムームードメインでも最終的にはお名前.comが登録するからお名前.comでいいよとちょっと説明をしました。

女性はお名前.comで自分のドメインを取得しました。

DNSの設定

ドメインを取得したら今度はDNSの設定をします。が、今回はGoogle Appsも併用したいという事なので、ネームサーバーをお名前.comに変えてレコードを切り替える必要があります。しかし、その女性はDNSが何?っていうくらいなので自分で設定ができる可能性は低いです。そこで、自分がスカイプでやり方の説明をしました。

お名前.comにログインして、ドメインの設定を見て・・・と。自分で探した方がいいですが今回はあえてスカイプで手順等を教えてあげました。そこまでするなら代わりにやってあげればいいんじゃないの?って思うかもしれないですが、あえてそうしませんでした。

レコードの設定

レコードは先にAレコードでIPを追加するだけにしました。Appsの設定はまだしないので先にAレコードでIPを伝えて設定してもらいました。

設定する時に画像を探してきてこんな画面?って聞きながら教えてました。僕がこの時教えたのはIPとやり方だけです。それ以外は自分で設定してもらいました。レコードの設定が終わって実際に数時間後に確認したらちゃんと設定できていました。

終わりに

ここまでを設定してもらいました。途中でちょっと説明等をしていたので実際には一時間くらいかかって作業になりました。おそらく慣れた人や自分一人でやれば30分もかからないと思います。けど、それでは意味ない気がします。今回この女性は初めてドメインを取得し、初めてWPで自分のサイトを構築しようとしています。DNSの設定はドメインとサーバーを紐づける位置づけになります。それならその設定も本人にしてもらった方がためにもなるし、なにより自分で設定をしたと言い切れます。そういった経験が少しでももし自信に繋がるならそれだけでも充分だと僕は思います。効率性を考えるなら明らかにできる人がやった方がいいのは明らかです。けど、それをしないで自分でやらせることにも大きな意味はあると僕は思っています。