仕事のトラブルについて考えてみた

新しい職場についてまだ3週間近くですが、色々内部的に改善していかないといけないなと思う点もあります。そんな中で、会社でトラブル案件がまれにあります。トラブルは僕は起こしたことはないですが、これから先起きる可能性もあります。けど事前に防げる可能性もあると思います。どうすれば事前に防げるか考えたら、それは普段からしていることを気をつけたり、情報の共有だと思いました。そんなメモです

社内打ち合わせをする

僕が勤めている会社では、社内の打ち合わせというのが殆ど無いという状態です。一人で仕事をするわけではなく、クライアントにも営業さんだけが関わるわけではないです。社内の打ち合わせをして情報の共有は大事です。

どんな小さな事も確認する

例えば、文字の修正で原稿に間違いあり、2011年が原稿では201年となっていたとします。このとき2011年の間違いとはすぐわかりますが、その場で自分の判断をしないで一度クライアントに確認をするという事です。

もちろん、担当が長かったりクライアントと長いつきあいならその必要性はないかもしれないですが、クライアントとのつきあいが長くなかったりしたら必要です。決して自分の勝手な判断はしないことです。

納期を無理に設定しない

クライアントが無茶をいってくるかもしれないですが、それに全て『YES』と答えれるわけはないです。納期もそうです。今日依頼して明日納品するとか言われたのを簡単に『はい』というのは間違いです。まずは要件を確認して仕様をみて判断するべきです。パートナーさんを使っている場合は尚更確認する必要性があります。

納期を考えて、相手に伝えるというのは大事です。そうしないと後でトラブルになる可能性は十分にあったり、納期が守れないというケースになり得ます。納期が守れないのはクライアントとの今後の仕事をもらえる可能性もなくします。

クライアントを無視しない

サイトの作成には1ヶ月くらいかかったりします。その間クライアントと連絡をとらずにいると、クライアントは心配するかもしれません。毎日ではなくても週一でもいいので進捗情報を送ったり、疑問点があればすぐさまクライアントに送って確認しましょう。

協力をする

社内で自社サービスを作るにしても、サイトの制作を請け負ったとしても一人ではできません。社内の人の力を借りないとできないです。困ったときに助けてもらえるようにするためにも協力をしましょう。上から目線でただ意見を言うだけだと嫌われるので気をつけた方がいいです。

人を好きになろう

貴方が人を嫌いになればなるほど、周りの人も貴方を嫌いになります。完璧な人間なんて存在しないんだし、誰でも欠点の一つや二つあるもんです。そんな欠点だけを見つけて、その人を嫌いになるのではなく、その欠点を受け入れて人を好きになりましょう。貴方が周りの人から嫌われていても貴方は周りの人を好きでいてあげましょう。