CentOS7のマニュアルを日本語化してみる

CentOSにはマニュアルが用意されており、そのマニュアルを見るコマンドが用意されています。

マニュアルとは?

使用説明みたいなものです。普段CentOSを使っていると使う事が少ないかも知れませんが、結構便利なコマンドです

日本語と英語がある・・・

日本語のCentOSを使っていてもマニュアルが英語だったりします。日本語のマニュアルみたいなーと思ったら英語がでたりしてちょっと困ったりもします。そこでマニュアルを日本語化してみたいと思います。

言語環境を確認

[macan@localhost ~]$ locale
LANG=ja_JP.UTF-8
LC_CTYPE="ja_JP.UTF-8"
LC_NUMERIC="ja_JP.UTF-8"
LC_TIME="ja_JP.UTF-8"
LC_COLLATE="ja_JP.UTF-8"
LC_MONETARY="ja_JP.UTF-8"
LC_MESSAGES="ja_JP.UTF-8"
LC_PAPER="ja_JP.UTF-8"
LC_NAME="ja_JP.UTF-8"
LC_ADDRESS="ja_JP.UTF-8"
LC_TELEPHONE="ja_JP.UTF-8"
LC_MEASUREMENT="ja_JP.UTF-8"
LC_IDENTIFICATION="ja_JP.UTF-8"
LC_ALL=
[macan@localhost ~]$ 

LANG=ja_JP.UTF-8となっているので日本語環境となります。

マニュアルのインストール

[macan@localhost ~]$ sudo yum -y install man-pages-ja

このコマンドでインストールが可能となります。