CentOS7+nginx+apache2.4+Python3の環境を作る

さくらのクラウドサーバーでCentOS7+nginx+apache2.4+Python3の環境を作ってみたいと思います。

ゴールはフレームワーク(bottle)を動かす

今回はインストールしてから、ブラウザでbottleを動かすまでやってみたいと思います。bottleはPythonのフレームワークです

ポート番号とか付くのでしょ?

実際にWEBサービスで提供を考えると、サンプルであるようなhttp://IPアドレス:8080(ポート番号)/helloなどのやり方はしません。

なぜbottle?

初心者向けとか、入門向けに良いらしいからです。後現在僕が勉強しているのがbottleだからになります

システム系を3に変えるんでしょ?

CentOS7でもデフォルトのPythonは2.7です。3系に変えるとyumが使えなかったりFirewallが使えなくなるので、pyenvを活用します

なぜさくらのクラウド?

持っている環境がそれだからです。GCP、Conoha、AWSとかでも問題無くできると思います

環境

  • ベンダー:さくらのクラウド
  • OS:CentOS7
  • フロント:nginx(80番ポート)
  • バックエンド:Apache2.4(8080番ポート)
  • Python:3系(pyenvを使用)
  • フレームワーク:bottle(8081番ポート)

このような環境で行います。基本的にsudo環境にする予定です

手順

基本的には以下の手順になります

  1. Apacheのインストール
  2. Python(pyenv)のインストール
  3. pipの設定
  4. Apache+Pythonの連携
  5. nginxを使ってリバースプロキシ

手順がおかしい?

普通はnginxを先にやって、次にApacheをやってPython連携を考えますが、今回は順番を逆にやっていきます。そのほうが上手くいったためになります。次回はApaheとPythonのインストールを行います