GPG 鍵の取得に失敗しましたの対処法

環境構築スクリプトの一部のリポジトリでGPG 鍵の取得に失敗しましたとでるようになりました。

GPG 鍵の取得に失敗するとどうなる?

本来インストールされるものがインストールされないため、構築失敗となってしまいます。

対処法

–nogpgcheckを付ける事でチェックをしないためそのままインストールなどができます。そのためこの方法で対処するのが多い見たいです。

yum update --nogpgcheck

みたいにする事が多いです。この方法はGPGのチェックをスキップしているやり方になります。

IUSリポジトリの場合

IUSリポジトリの場合は、githubに最新のリポジトリなどがあるので書き換えることで対応もできます。
https://github.com/iusrepo/ius-release/blob/master/ius-7.repo

[ius]
name = IUS for Enterprise Linux 7 - $basearch
baseurl = https://repo.ius.io/7/$basearch/
enabled = 1
repo_gpgcheck = 0
gpgcheck = 1
gpgkey = file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-IUS-7

[ius-debuginfo]
name = IUS for Enterprise Linux 7 - $basearch - Debug
baseurl = https://repo.ius.io/7/$basearch/debug/
enabled = 0
repo_gpgcheck = 0
gpgcheck = 1
gpgkey = file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-IUS-7

[ius-source]
name = IUS for Enterprise Linux 7 - Source
baseurl = https://repo.ius.io/7/src/
enabled = 0
repo_gpgcheck = 0
gpgcheck = 1
gpgkey = file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-IUS-7

これにすることでIUSリポジトリを使う事ができます