フリーランスの僕が持っているクレジットカードとお勧めのカードを紹介します

クレジットカードはフリーランスの人は持っていて損のないカードです。支払日が遅らせるという意味では使い方によってはありがたいカードです。この記事ではクレジットカードの持っていると便利な点やお勧めのカード会社を紹介していきます。

フリーランスは審査に落ちる

logw_title_-drop

僕が経験してフリーランスって信用無いなって思ったのはこの瞬間です。会社員時代正直カードの審査で落ちた事なく、人生で初めて審査落ちして泣きたくなりました。結構マジで審査落ちするので会社員の段階で作っておいた方が良いです。ここから僕が審査落ちしたカードを紹介してみます。

落ちたカードその1 アマゾンカード

僕はアマゾンで基本的に備品など買うため、アマゾンのカードをもっていると便利かなと思い申込みをしました。アマゾンカード一回でも使うことで年会費無料になるなら喜んで使いますって思い申込みをしましたが、審査落ちしました。

落ちたカードその2 オリコカード

オリコは個人事業主でも持てるカードで年会費も無料と書いてあり、ビジネスカードとして最適とあったので申し込みました。見事に審査で落ちました。そしていらないDMが届くようになったのでお勧めしません。

落ちたカードその3 ポケットカード

ポイントはつかないのですが現金が常に1%割引となるカードです。マスターなら無料でVISAなら年会費かかるものですがポイント基本いらない僕からしたら最高だなと思い申し込みました。審査で落ちました。
※このカードは知り合いのフリーのプログラマから紹介していただきました。

落ちたカードその4 TSUTAYAで申し込めるカード

あまりに落ちてなんでもいいやと思いなぜかTSUTAYAのTカードにクレジット機能付きのを申し込みました。審査で落ちました。

落ちたカードその5 ANAカードアメックス

とある社長さんにアメックスをビジネスで持っているといいと言われ、国内で飛行機に乗ることが諸事情で多くなりそうだったので申し込みました。見事に審査に落ちました。アメックスの壁の高さを痛感・・・?

このようにフリーランスは簡単に審査落ちます。ここまで落ちると落ち込むのがばからしくないなんか楽しくなってきました。よくカード審査とかで沢山申し込むとよくないとか一度申し込んだら半年はやめるべきって記事を見ますがクレジットカードの審査はカード会社によって違うし審査項目も公開されているわけではないのであまり鵜呑みにしなくていいです。うかるまで申し込んでください。

フリーランスがクレジットカードを持つメリットは何?

logw_title_card

会社員でもないフリーランスが無理にカードを持つ必要はないと思います。必要性を感じなければ持つ必要は正直ないです。けれども持っている人が多いのはメリットがあるからです。

メリット1 ポイントが貯まる

現金で買ってもポイントは貯まりませんが、カード払いにすることでポイントがたまりポイントを使いカード代金を引くなどができます。
(僕はカードのポイントをカードを持ってから1度も使ったことが無いので意味わかっていません。)

メリット2 支払いサイクルが遅れてくる

例えば今現金が無くて買えてないとしても、カードで払えば商品は手に入りポイントもつき支払いは2ヶ月後なので支払い日まで余裕が持てます。その間に用意するということもできます。
(そもそも現金ないなら買うなと普通は思いますが・・・)これは個人事業主だからというわけではないですが、経営者の人も支払いサイクルは遅くできるならそれだけありがたいと思っている人も多いらしいです。僕はこのあたりはまだ理解できていません。どうせ支払うなら早めが良いでしょって思っているので。

メリット3 経費入力が楽になる

僕は上記二つのメリットよりも3つめのこれをするだけの理由で使っています。正直上二つなくてもこれさえあれば良いレベルです。それぐらいこのメリットは大きいです。(個人の主観です)

個人事業主にとって経費の入力は売り上げにはならないし、自分の時間を使う敵です。しかしこれをしないと確定申告で困るのも自分です。毎回現金で購入して領収書を紙にはって経費帳に入力というのは面倒です。

毎週とか毎月とかきめていればいいですがそんな定期的にできることでもないのが現実です。そこで経費入力を楽にするためにカード使うというのが一つの方法です。

僕が実際にやっている経費入力

logw_title_keihi

僕は基本的には現金払いですが、新幹線などのチケット、アマゾンの備品、携帯電話代、モバイルルーターなどは全てカード払いにしています。本来ならチケットなどは旅費交通費など勘定項目を分ける必要がありますが僕が経費帳に入力する金額はクレジットカードで支払った合計金額のみです。勘定項目もクレジットカード代としています。

税理士にも確認をしてOKをもらいました。基本的に事務所の消耗品、仕事でしか使わない携帯電話やモバイルルーターなどはカード払いにしてしまい、そして事業用で使っていると証明できればいいので後はまとめてカードで支払いカード代金を経費に計上して終了です。

メリット:時間短縮

一つ一つ勘定項目わけて入力してなどしていたら時間かかります。面倒です。けど上の用にカード代として計上すれば一回入力するだけで終了です。時間短縮にもなります。カードの明細をノートに貼り付けて終了です。
※基本的に100%計上できるのがいいです。保険などもカードで払っているという場合は保険の金額だけ除いて計上すれば問題ありません。

メリット2:全て1枚のカードに抑えられる

携帯電話、モバイルルーター、光熱費など毎回口座引き落としだと経費帳の入力も手間です。カード一枚に集約してしまえば経費入力が最終的に楽になります。僕はクライアントの打ち合わせとかご飯の時カード払いにすることもあります。その方が早いため。

クレジットカードを持つことで得られるメリットもあります。得られるメリットは自分の仕事が増えるとか、売り上げが増えるという物では無く確定申告をどれだけ楽にするかとかになりますが、個人的にはこの方法が早く終わります。初年度はカード払いを極力さけて経費の入力に時間しかかかりませんでした。去年はカードに集約したことで経費入力の手間が減りました。

カード会社には審査が甘いとこと厳しい所がある

クレジット会社のカードの審査は甘いとこと厳しいとこがあります。比較的審査受かりやすいのは楽天カード、漢方スタイルカードがあります。受かりづらいところしてはREXカード、アメックスブランドが多いです。このあたりは巷で言われているのであって実際に申し込んでも落ちるケースはあります。楽天カードは最初は甘いといわれていましたが最近は審査落ちする人も増えてきて厳しいという声も聞きます。次にクレジットカードのブランドを紹介しておきます。

クレジットカードのブランド

logw_title_card

クレジットカードは5大ブランドというのがあります。VISAMasterアメックスJCBダイナースクラブの5つになります。

VISA

世界中のどこでも使えると言われているカードです。日本国内で99%の確率でオンラインショップ、実店舗で使えるカードです。これ1枚あればどこでも安心です。提供している会社も多いため、恐らく殆どの人が持っているクレジットブランドの一つだと思います。

Master

VISAと同様で世界中のどこでも使えるカードです。VISAかMasterかどっちが世界一のカード会社(利用者数が多い)なのか比較されますが、正直どっちも多いのでなんとも言えません。ヨーロッパの方ではVISAより人気だとか・・・?

JCB

5大ブランドで唯一日本のカード会社になります。日本国内ならどこでも使えるカードです。海外では全然使えないと言われていますが最近は海外でも使える店舗が増えてきました。

ダイナースとアメックス

この二つはちょっと別格で、フリーランス向けではないのかもしれません。特にダイナースは違うかもしれません。

ダイナース

ダイナースカードは日本ではあまり聞かないカードです。主に銀座にいる人とかゴルフをする人など富裕層をターゲットにしているからになります。入会のハードルは低くなったみたいですがダイナースはカードの限度額が設定されていないなどがあり、VISAとかMasterなど一般カードのゴールドカード以上の資格を保有しています。ただ国内では使えない店舗など多いので不便です。ちなみにカードの桁数は14桁です(VISA、Master、JCBは16桁です)

アメックス

アメリカン・エキスプレス・カードというブランドになります。このカードは海外出張、海外旅行にいく人向けのカードです。日本国内では利用できる店舗は少ない(現在はJCBと提携してJCBが使えるならアメックスも使える所が多いです)ため、あまり持っている人はいません。ちなみにカードの桁数は15桁です
※知らないで持っている人は多いかもです。

アメックスはセゾン系などで申し込むとポイント永久不滅(他のブランドは2年で失効)らしいです。

アメックスは年会費も高いです。VISAやMasterなどは1000円前後のとこがあるのにアメックスは年会費6千円~と高いです。

アメックスは海外のホテルで使えたりラウンジが無料で使えるなどビジネスマン(海外出張や旅行)向けと言われています。しかしアメックスは5大ブランドの中ではもっているだけで凄いと思われるカードです。審査も厳しく年収最低400万ないと落ちるとか聞きます。

僕が持っているカードとお勧めのカードを紹介

僕がフリーランスの人にお勧めしたいカードと実際にもっているカードを紹介していきます。

楽天カード

logw_title_rakuten

僕は持っていませんが楽天ユーザーなら持っていてもいいカードだと思います。審査も甘い方だと思います。年会費は無料で国際ブランドはVISA、Master、JCBがあります。(アマゾンユーザーの方はアマゾンカードがいいです)

ポケットカード

logw_title_p_one

僕は審査に落ちたカードですが、持っていてもいいなと思うカードです。正直ポイントなどいらないので1%オフで請求されるほうが個人的には嬉しいので今でも欲しいと思っています。

漢方スタイルカードクラブ

logw_title_kanpo

僕はVISAブランドで持っています。審査は甘いためフリーランスでも受かるかもしれません。年会費が1500円程度かかりますが管理画面も見やすいカードです。

限度額も高くポイント還元率も良いため人気なカードです。ポイント使ったことが無いのでわかりませんが・・・

JALカード(アメックス)

logw_title_jal

僕は飛行機に乗ることは無かったのですが仕事の関係で飛行機に乗ることが増えてきました。そしてスカイマークが破綻したのと知り合い経由で飛行機など取ってもらうためJALに乗るようになりました。そこでJALカード(クレジット機能付き)を申込みアメックスで受かりました。
※アメックスが欲しかったのもあったため。

このカードはタッチ&Goにも対応しているので飛行機に乗ったり手続きするのも楽になりますが、よくよく考えたら乗るときクレジットカードをだしていないといけないので落としたり襲われたら危ないなと毎回思ってます。使ってみて気づきました。

5大ブランド全て作成可能です。飛行機に乗る事が多い人でJAL使う人は作っていても損はないと思います。ANA使う方はANAカードの方が便利です。

沢山ある中で上記を進める意味

沢山のカード会社があります。有名なのは三井住友VISAカードとか、ライフカードも有名です。各会社によってポイントの付き方とかメリットデメリットなどあります。例えばライフカードは0.5%とポイント還元率は低いですが誕生日月は5倍になります(還元率だと2.5%)となります。

本来はポイントのことを考えてどれを使うか考えるのがいいかもしれませんが、個人的にはそういうのは面倒です。なのでわかりやすいものを紹介しました。楽天カードは楽天を主に使っている人なら常にポイント1%ついたりします。アマゾンを主に使う人はアマゾンカードがいいです。

漢方スタイルは年会費が安いしポイントの還元率も高いです。JALカードは一枚あるだけでJALのマイレージを貯めたり飛行機に乗るときに楽になります。飛行機使う時に結構楽になります。

自分が使っていて苦にならないカードを紹介しました。

アメックスを持つ事の意味

アメックスはビジネスではなぜか重宝されます。例えばアメックスのカードを持っているというだけで信用が少しましたりします。これはアメックスがビジネスマンの間では一つのステータスとなっており、年収があるていどないと作れないという事からなっていると思います。

アメックスは他のカードと違って限度額も電話しないと教えて貰えなく、電話ですぐに限度額の増減ができたりするのと、海外などでなくしてもすぐに再発酵手続きなどをしてくれるというサポート体制、空港、ホテルのラウンジで使えるサービスの良さでビジネスマンに人気なカードみたいです。

アメックスを無理に持つ必要は正直ないです。年会費も高いので・・・・持っておくとちょっとだけやった!って気持ちになれるかも知れません。

カードを使いすぎないことも大事

上ではカードを使うことで経費入力なども楽になるというメリットがあると書きました。しかしカードを使いすぎるということは今度はいくら使ったのか把握できない状態になり、収入よりも支出が多く出ることも予測されます。日常的に支払うもの(携帯代、モバイルルーター、Adobeアカウント)など以外は使わないでおくことも大事です。

クレジットカードは便利で使い方を正しくすればフリーランスにとってはありがたいです。けど一歩間違えれば自分を苦しめることもにもなります。お金の事だからこそ注意して使っていって下さい。

支払いを遅れない事も大事

クレジットカードは信用、後払い、という意味があります。これは信用問題でもありカード会社が利用者を信用して発行しています。利用した側としては支払日(引き落とし日)に遅れないようにするのが大事です。遅れた場合は月末に振り込みにする、コンビニ振り込みの用紙が届いたらすぐに振り込むなど必要です。1ヶ月以上支払いを遅らせたりするのはNGだと思います。

クレジットカードは信用問題なので支払日が遅れるというのは極力さけたほうがいいです。フリーランスでこれからカード作ろうと思う方は参考になれば幸いです