僕がJALカードを勧める理由

普段JALカードを使っている僕ですが、同じ航空系のANAカードとの違いを見て見ます。飛行機乗らない人は参考にならないかもしれませんがもし乗る方いたら参考になれば嬉しいです

どちらも5大ブランド有り

JALカードもANAカードもどちらも5大ブランドはあります。なのでカードのブランドで考えればどっちでも選べます。

普通・ゴールド・プラチナもあり

JALカード、ANAカードも普通カード/ゴールドカード/プラチナカードはあります。カードのランクで考えてもどっちでも選べます。

提携会社

JALカードは基本的に三菱UFJの提携カードになります。ANAは三井住友系になります。ただしアメックスはJALカードはMUFJにですがANAはアメリカン・エキスプレス・インターナショナルが発行しています。

ダイナースは三井トラスト

JALカードもANAカードもダイナースカードは三井トラストとの提携になります。

カードの種類が多いのはANA

ANAカードは全部で25種類ぐらいあるみたいです。JALカードはそんなにないのでカードの種類が多いのはANAになります

年会費は同じぐらい?

JALカードの年会費は最大3万円

JALカードもANAカードも普通カードの年会費は同じぐらいです。JALカードは最大で33,480円の年会費になります(アメックスかJCBのプラチナカード)

ANAの年会費は最大10万円超える

JALカードと同じアメックスブランドのプラチナだと、ANAカードでは162,000円します。JALカードよりも高いです。ゴールドカードでも50,000円超えるのもあるので年会費はグレードがあがればANAのほうが高いと思います。

マイルについて

JALカードは勝手に貯まる

JALカードは使えば勝手にマイルになります。なので何もしなくても使えば勝手に貯まります。

ANAは変換が必要

ANAはポイントからマイルへ変換が必要です。ANAのマイルのよいとこはANAカードがなくても楽天カードやアマゾンカードからANAのマイルへ貯められるとこになります。JALカードはこのあたりはないです。

JALカードをお勧めな理由

僕がJALカードをお勧めな理由をあげていきます

面倒な事が少ない

僕は面倒な人間なので、待つのも嫌であれば並ぶのも嫌な人間です。ANAカードは種類が多いので選ぶ楽しみがあります。僕みたいな人間にはそれは楽しみではなく苦痛なのです。カードなんか使えればいいので電子マネーがあるとか種類がどうとかで年会費がーとか還元率がーとか嫌なのです。JALカードはブランドでアメックスが欲しいと思ったら普通カードで6千円ぐらい。んじゃそれでいいかとなります。即決できます

ANAだとアメックス以外にもあってどうしよーってなるので避けたくなります。アメックスほしければ一つしかないのでANAでもいいかもしれません

勝手にマイル貯まる

JALカードは何もしなくても勝手にマイルが貯まります。これほど嬉しい事はないです。マイルにするために変換とか面倒なので僕はんじゃ放っておこうとなりポイント失効するので、勝手にマイルに貯まってくれるのが嬉しいです。

スタッフの対応

僕は羽田空港と新千歳空港を主に使いますがANAは手荷物検査では機械に入れて自動で運んでくれる仕組みになっています。ANA BAGGAGE DROP(自動手荷物預け機)のご案内のとこがわかりやすいです。
※JALではこの仕組みありません

JALは従来通り人によるチェックになります。どっちがいいかは慣れとかあるかもしれませんが僕はJALのほうがいいです。

なぜJALのほうがいい?

ANAの自動手荷物預けは一回につき1個という制限があります。例えば夫婦で旅行でトランク二つになると2回やらないといけないです。JALの場合はその場で二つ預けられるので早いです。もう1つ理由があるのは、空港でお土産買ったときに割れ物かどうか微妙というのがあります。

割れ物かどうか微妙?

硝子製品とかは割れ物だと思うのですが例えばクッキーとかバームクーヘンなどの洋菓子か和菓子は割れ物ではないです。ただ空港で買ったお土産が渡すときに崩れていたりすると個人的にショックとなります。この微妙な時JALの人に、割れ物は入っていないけどお土産のお菓子で○○があるんですというと、「では取り扱い注意のシール貼りますね」など対応してくれます。

JALカードを勧めるのはカードの価値ではなくJALという魅力

JALカードを勧めるのはマイルが勝手に貯まるというのもありますが、それ以上にJALの気遣いなどがありがたい事があります。以前友人の結婚式で羽田から飛行機乗るとき、天候が大荒れでスカイマークもAirDoも駄目で、ANAもその時はだめだったのですがJALが唯一飛んでいたときありました。ところがその日天候の関係で空席だった便は全て飛ばない事がわかりました。諦めて翌日の始発でいくしかないかなーと思っていたら、事情を知ったJALの人が10分後に飛ぶ飛行機に空席があると教えてくれました。

結果無事について翌日の結婚式に間に合いました。もし当日だったらそもそも参加できなかった可能性もありました。ANAとは違ってJALの人は些細なこととか気にしてくれて気持ちよく搭乗できるというのが1番の理由かもしれないです。