日本公庫に申込み→取り下げをしてみました

日本公庫に融資が受かるかということもあって申込みをしてみました。その結果までの内容です

申込み内容:設備資金-230万円

設備資金として230万円申し込みました。設備資金は事務所の初期費用、PC買ったりなど設備の資金として使う事になります。申込み書の申請の時に決算書を2期分出します。このときコピーを取られるので面談の時に決算書は不要です

面談まで

申込み書を申請してから面談までは比較的早いです。1週間以内に担当の方が決まります。面談の前に書面で当日必要な物があるのでそれを用意しておきます

過去6ヶ月分の売り上げ明細

過去6ヶ月分の売り上げ明細が必要です。ネット銀行の場合は印刷して出力して持って行くといいです。通帳の場合はコピーを当日とられるので通帳のみ持って行けば良いです。

過去6ヶ月間の公共料金の領収書

過去6ヶ月分の公共料金の支払った紙が必要です。ただない場合は良いみたいです。用意出来る分だけで。僕の場合はクレジットカードで電気代を払っているのでカード明細を持って行きました

面談日

月末の入金前の日になりました。面談は凄い窮屈というよりは、気軽にお話をする形でした。あまり固くならないで話しができます。

結果:運転資金で150万なら貸し出し可能

結論からいうと、230万は通りませんでした。150万なら貸し出し可能ですという返答でした。審査結果までは2週間もかかりませんでした。申し出はこの後キャンセルを伝えるとキャンセルできます。

考察

売り上げが下がっている時に借りるのはNG

前々期から前期は売り上げあがっていて、今期は下がっていました。やはり面談の時もその後も売り上げの事を言われました。

月末や口座にお金が無いときに面談はNG

見せたのが月末で口座にお金が諸事情で無いときだったため、面談の方の印象もよくなかったです。入金がちゃんとあったと伝えてもこのあたりの印象は変わりませんでした。過去の入金明細から月末にお金が少なくなっているという傾向もマイナス印象でした