ConoHaのVPSのセミナーに行ってきました!

10月31日にGMOインターネット主催のConoHaのVPSサーバーのセミナーに参加してきました。今回はセミナーに参加した感想になります。

場所はセルリアンタワーGMO Yours

セミナーの場所はGMO Yoursでした。駅からも近く行きやすい場所でした。飲み物もあって助かりました。

セミナーの内容

セミナーはVPSとはなにか?と、ConoHaのVPSの説明でした。比較的わかりやすく説明などしていただきました。内容は割愛させていただきまとめだけします。

VPSでは後発組のサーバー

ConoHaのVPSはVPSサーバーとしては後発組です。今ではクラウドサーバーあるなかでいまさらVPSなのか・・・と思いますが内容を聞いているとちょっと違うなと思いました。

さくらの二番煎じというイメージ

セミナーの内容を聞いていると高性能で安いというウリでした。内容を聞いているとコンソール画面がVNCとHTML5モードがあるとか、ローカルネットワーク対応しているというのでした。
※ローカルネットワークは1Gbps内で通信しているとのことでした。

それもさくらのクラウドで先に経験している僕からすると正直高機能とかのイメージはありませんでした。ローカルネットワークは同じ日にさくらも対応したので尚更さくらの二番煎じというイメージがついてしまいました。

ただローカルネットワークが無料というのはありがたいです。さくらのクラウドはスイッチなどは月額2千円かかるので正直痛い所です。その点ConoHaのVPSはかからないので嬉しいです。

支払い面について

ConoHaのVPSはクレジットカード払いです。請求書等はできますが累計で5万以上支払いがないと認められません。このあたりはセミナーの参加の質疑応答で話したので載せます。

学生は特例処置があります

学生はクレジットカードが持っていないなどありますので、特例処置が実はあります。それは学生証など身分を証明する物が必要ですがサポートに言うと請求書や振り込みなどで対応していただけるみたいです。

サポートに相談すれば請求書や振り込みも可能?

サイトにはクレジットカードで一定の金額以上支払い実績がある人は振り込み、請求書に対応しますと書いていますが法人などでもクレジットカードをいやがるところはあります。

そんな時はサポートに相談して下さいとのことでした。ConoHaのVPS側でもカード払い以外の支払い方法の希望が多いことは把握しているみたいです。今後に期待したいです。

セミナーを終えて思った事

GMOグループで現在クラウドサーバーを提供しているのはGMOクラウドだけになり、GMOインターネットでは提供していません。ConoHaのVPSはGMOインターネットが提供するクラウド/VPSサーバーなのかもしれません。