WinSCPとFilezillaを比較してみました

普段僕はWindowsとMacを使って作業をしています。メインのPCはWindowsになります。FFTPの開発が終了するまえからSFTPとFTP機能をもったソフトのWinSCPをWindowsではメインで使ってきました。今回はWinSCPと同じくFTPとSFTPの機能を持つFilezilaの記事です。

結論:Filezillaのほうが良い

WinSCPとFilezillaを使っていて思うのはFilezillaのほうが良いという事でした。

対応OS

WindowsMac
WinSCP×
Filezilla

WinSCPはWindowsだけに対し、FilezillaはWindowsとMacと両方で使えます。WindowsとMac両方のOSを使う人からすればFilezillaだけで十分です。

UIの良さ

これは慣れとかにもよりますが、FFFTPのような見やすいUIと同じなのはWinSCPです。Filezillaでも似たようにできますがFilezillaの場合は設定を少ししなければいけません。最初から特に設定しなくても見やすいUI設計という意味ではWinSCPの砲が使いやすいです。

安定度

WinSCPはFTPでの安定度が悪いです。100~200ファイルのダウンロードしようとすると接続がタイムアウトしてしまいます。結果いつまでたってもダウンロードできないということがおきます。Filezillaはそういうことがないです。WinSCPはバージョンアップするたびに安定度が下がる気がします。

実際にFTPのダウンロードなどで100~200ファイルのダウンロードでエラーがでるのは使えないです。なのでFilezillaのほうが良いです。