フィッシュオン王禅寺でルアー釣りとBBQをしてきました-BBQ編

前回の記事では、王禅寺にて釣り(坊主)の内容でした。今回は引き続きBBQ編になります。BBQと書いていますが、そもそも僕がしたかったのはチャークロスを使ってうまく火がつくかというのをやってみたかったのがメインなのと、坊主のため肉を焼いている写真などはでてきません。

目的

渓流に行くと毎回釣りばかりしているのでBBQをしてみようと思い王禅寺にきました。

営業時間

  • 年中無休
  • 午前6時〜午後9時30分(6:00〜21:30)

みたいです

アクセス

住所
神奈川県川崎市麻生区王禅寺766-18

東名川崎I.Cから10分。バスも使えます。

今回もアクアを使いました。

利用料(釣り3時間/BBQ3時間セット)

男性
4,200円/1名
女性・中高生
3,200円

BBQはどこでできる?

BBQはジロー池の近くにあるバーベキューハウスでできます。


↑バーベキューハウスの案内です。バーベキューハウス以外では基本的に火を使ってはいけないです。たばこは所定の場所で吸う形です


↑こんな感じで広いです人気だと大体埋まっています。事前に予約しておいたほうがいいです。

着火していきます

今回のBBQの目的は、BBQをすることではなく着火するのが目的です。普通は新聞紙にライターで火を付けて着火するというのが多いと思います。しかし渓流という環境を想定し、釣行をするのを将来の目的としている僕からすると、ライターや新聞などを川に落とすことも想定できます。

というわけで、ライターや新聞紙を使わないで着火するブッシュクラフト的な事を身につけておく必要があると思い、BBQを利用しようと思います。


↑というわけで、今回の着火に使う道具です。皆大好きなファイヤースチールと、チャークロスです!右下の木くずはこれに着火しようとして作ったフェザースティックのクズです。

logwでは、たまにファイヤーウォールという言葉が出てきますが、今回はファイヤースチールであって、似ていますが違う物になりますのでご注意ください。

今回はファイヤースチールでチャークロスに着火させ、その上にクズを載せて火を大きくしようと思います。


↑チャークロスへの着火は一発でうまくいきました。ただこの後が問題でした。この後木のクズに火はつかなかった・・・結果運良くチャークロスが燃えてくれたので新聞紙に移して燃やしました。今後の課題が見つかったので麻紐を使って火種を大きくしていくなどにしてみます


↑無事に炭にも火がつきました。炭に火を直に付けるのは難しいです。


↑最後は全て燃やして灰になるのを見届けてから帰りました。

反省点

今回はたまたまたうまくいきましたが、チャークロスの火種からうまく火を移すというのが今後の課題になります。麻紐を使うべきかなとも思っています。チャークロスは自作したものになります。

今回使った商品

LIGHT MY FIRE(ライトマイファイヤー)ファイアースチールスカウト2.0 Red(レッド) 26014

アクセスマップ

東名川崎I.Cから10分

行ってきた釣り堀地図