新しいMacBookAirを買ってみた感想

2012年6月12日、新しいMacが発売されました。今まではMacBookPro(以下MBP)の13インチ(Snow Leopard)を使っていました。今回新しいMacがでたので買ってみました。今回の記事は前のと比べての感想です。今回購入したのはMac Book Air(以下MBA)です。

スペック

MacBookPro(13インチ)

  • OS:Mac OS X Snow Leopard
  • メモリ:4GB(DDR3)
  • CPU:インテルデュアルコア2.4GHz
  • 2010年2月購入
  • 解像度:1280×800

Mac Book Air(13インチ)

  • OS:Mac OS X Lion
  • メモリ:4GB
  • CPU:インテルCore i 5 1.8GHz
  • 2012年6月購入
  • 解像度:1440×900

メモリは同じです。OSは今までアップグレードしなかったので今回が初めてのLionとなります。

移行方法

今回はMBPのデータを事前にタイムマシンでバックアップをとり、MBAの移行アシスタントで移行させた状態で実際に使ってみての感想になります。

電源ボタン

MBAではDVDドライブがないため、MBPのCD・DVDドライブを取り出すところが電源ボタンになっていました。

起動スピード

MBPは電源をいれてから起動するまでに1分近くかかりましたが、MBAは30秒程度です。MABはHDDでしたがMBAはSSDとの違いもありますがかなり電源をいれてから起動するまではかなり早いです。普通に体感速度も違い実感できます。

OSの違い

今回初めてLionを使います。今まではSnow Leopardだったのでスクロールの面で気になりました。

Snow Leopard

デフォルトでトラックパッドを二本指で下にすると下にスクロールする

Lion

デフォルトでトラックパッドを二本指で下にすると上にスクロールする

これは最初とまどいました。以下の方法で設定を戻しました。

システム環境設定→トラックパッドをクリックします。

スクロールとズームのタブを選択して、『スクロールの方向:ナチュラル』のチェックを外します。これで下に指を動かすと下にスクロールします。

OSは異なりますがスクロール面とかで少々気になった以外は特に気になったことはありませんでした。

充電器の違い

新しいMBAでは、今までMBPで使っていた充電器が使えません。規格が変わってしまったせいか今までMBPで使っていた充電器が入りませんでした。ひと周りほど電源も小さくなっている気がします。

アプリケーションの起動が早い

PhotoshopCS6をMBPで使っていたとき、立ち上がるまで時間がかかりました。(1分〜2分)程度起動までかかっていました。Photoshopが重いせいか風車もでていました。MBAにしたら起動は本当に速いです。10秒もかかりませんでした。

NASに接続できない

Lionでは、今までsmbでファイルサーバーに接続していたのですがデフォルトではできなかったです。ネットで検索をしたのですが現在もファイルサーバーに接続ができません。これはちょっと不便です。

備考

ファイルサーバーに接続できないという点は仕事で使うには不便ですが、ネットしたり普段の操作などにおいては不便はなくむしろ快適になりました。PCを買い換えてよかったと思いました。