見積もりフォーマット作成しました

前回の記事(僕が見積もりを作るときに注意している点)で僕が実際に作った見積もりのサンプルを配布しています。需要があるかわかりませんが必要であればダウンロードして使ってください。

注意事項

  • 再配布・転売・貸与は禁止です。フォーマットはご自由に使っていただいて良いのですが著作権を放棄したわけではありません。
  • アダルトサイト、ポルノ、出会い系サイト、風俗産業でのご利用及び公序良俗に反する内容が含まれる利用
  • その他、当サイトが好ましくないと判断した利用
  • 小数点以下は全て切り捨てとなっています

推奨

上記の注意点を守って頂いて、ご利用頂く場合、ソーシャルメディアやブログ等でご紹介いただけるととても嬉しいです。

ダウンロード

ファイルをダウンロードする

使い方

基本的には関数が入っているので数値を入力したり文字が入力できれば普通に使う分においては問題無いかと思います。

発行日と見積もりNO

発行日を入力します。形式は「日付」になっています。見積もりを作成した日を入力してください。日付を入力すると「見積もりNO」が自動で変わります。これは見積もりNOのとこに関数が入っていて発行日を入れるようにしてあるからです。

見積もりNOの形式や手入力にしたい場合は関数を削除してください。

発行日を入力すると「有効期限」も変わります。「有効期限」は発行日の日付に対し「31」を足した数値を日付で表示しています。有効期限を短くしたい場合は31の部分を変更してください。

件名

見積もりの件名をいれてください。案件名でも構いません。

納品場所

デフォルトでは「御社指定」となっていますが、変更する場合は適切なのにしてください。

合計金額

ここは自動で計算された合計が表示されるのでいじらないでください。最初空白なのはデフォルトの仕様なので問題ありません。

支払い条件

会社や事業主によって変わると思います。適正なものに変更してください。

納品予定日

会社や事業主によって変わると思います。適正なものに変更してください。

有効期限

有効期限は発行日に対し「31」を足しています。もし2週間などに変更する場合は31を14などに変更してください。

入力項目について

特に入力できない文字とかはありません。普通に項目をいれていただいて数量と単価を入れれば自動計算されます。備考欄は必要があればいれてください。金額の箇所は単価を入力すれば自動で入ります。

プロジェクト管理費

プロジェクト管理費は10%としてます。ここは人によっては「ディレクション費」などと項目が変わるかもしれませんので違った場合は変更してください。数値はいれなくても自動で計算されます。(数量は常に1として単位は式をいれてください。)

10%がデフォルトなので15%、20%にする場合は単価の中に入っている数式「=IF(B23=””,””,SUM(H23:H51)*0.1)」の0.1を変更してください。この数式はB列の23行目に何か入っていたら金額の合計の10%を表示するというのになります。

小計

SUMで合計しているだけになります。

消費税

見積もりは税別なので自動で入ります。ROUNDDOWN関数を使っているので小数点以下は切り捨てとなります。もし内税式のを使いたい場合は「見積もりサンプル(内税)」を使ってください。

内税式は税込み金額をそのまま書いていけば自動で消費税が計算されます。基本どっちでも良いと思います。小数点以下は切り捨てとなっています。

合計

小計+消費税の合計になります。

セルの色を変更方法

セルの色を変更する場合は「条件付き書式のルールの管理」からいじってください。好きな色に変更してください。

印刷について

Mac版のエクセル2011で作成しました。Macでは調整していますがWindowsで確認はしていません。Windowsで印刷する場合は一度確認してから印刷してください。

ダウンロード

ファイルをダウンロードする