MBPのキーボードを交換して貰いました

取り付け

現在タイプCのMBPを使っていますが、その前の世代のMBPがキーボードが壊れてしまいました。外付けのマウスやキーボードを使えば問題無く使えたのですが、これもちょっと手間もあって買い換えました

症状

キーボードが全くきかなくなります。トラックパッドも反応しません。電源ボタンだけ唯一反応します。

過去にも同じ事があった

過去に1回同じ事がありました。キーボードの配線が問題だったらしく取り替えて貰いました。Appleの担当の人の話だと、ディスプレイの開閉や持ち運びをしたことで寿命が縮んだと言われました。

修理費最大5万円・・・

前回見てもらったときは5千円ほどで交換できました。今回は開けてみないとわからないというのと、店頭でも1万いくか行かないかといわれていたのですが送ってみると作業前なのとまだ開ける前での電話で、最大5万円かかると言われました。

開けてからではないと料金はわからないのと、開けたらキャンセルはできないと言われてしまいました。なのでこの時はさすがに怖いのでキャンセルしました。

年末に兄が分解したいという・・・

このMBPは元々兄が欲しいといっていたので、キーボードの交換が必要という事情を説明していました。年末に暇なのか兄がキーボードを修理したいというので別に良いよということで了承しました。

記事通りにやって壊れたり何か変な症状がでても責任はとれません

これから書く内容は、兄が実際にやってみて上手くいったというだけであり、必ずこの方法で成功するという保証ではありません。また、僕は不器用な人間なので見ていて思ったのは、手先が不器用な方は自分でやろうとは思わないでAppleにやってもらってください。その方が確実です。

専用ドライバーが必要

普段僕はドライバーと聞いたら+(プラス)-(マイナス)しか思いつきませんがどちらでもない専用のドライバーが必要みたいです。仕事柄兄はこのドライバーを持っていたっぽいです。

分解

MBPのキーボードの裏のカバーを外す
キーボード裏のカバーを外しました。今回交換するのは長方形の赤枠の線です。この線が駄目になったのでキーボードとトラックパッドが効かなくなったみたいです。

小さい赤枠は電源の箇所になります。電源を外しているのでこの状態では電源はつきません。作業するときは必ず電源は外してください。

ネジ

カバーに付いていたネジ
ネジはこんな感じで置いてました。かなり小さいネジです。

右の線が交換するやつ

分解した本体
右の配線が今回交換するものです。どこで手に入れたのか分かりませんが普通に買えたみたいです。

取り外し作業

取り外し作業
交換作業をしています。神経使う作業です。
交換作業
この作業を見ていると手先が不器用な僕はできないなと思いました。

無事取り外せました。
無事取り外せました。

取り付け

取り付け
袋に入った方を取り付けていきます

交換完了

交換完了
無事取り付けが終わりました。配線が少し長いので折る必要があるみたいです。

個人支援・寄付について

サイトラボではBuildreeの開発などのため、現在個人支援・寄付を受けております。ご協力いただける方はお願いいたします。当サイトではkyashというサービスをつかっております。ビットコインでも受け付けております。