自宅のルーターをEdgeRouter Xに変更しました

自宅で使っているルーターを変更しました。

ルーターを変更した理由

今まではRB2011UiAS-INを使っていましたが、このルーターが高機能すぎて使いこなせていなかったというのがあります。

専用OSが扱えなかった

RB2011UiAS-INは専用のRouterOSというOSが入っています。このOSがLinux系なのかBSD系なのかはわかりませんが、僕に扱うには情報が少なく難しかったです。PPPoEの接続は出来たのですが、DNSのほうができずパブリックDNSを使って接続することをしていました。

ただこのルーターはポートが10口(1G×5と100M×5)とHUBなみのポートもあり、自由度も高く素晴らしいルーターだと思います。自分の技術不足で断念しただけになります。

変更したルーター

Ubiquiti Networks Edgerouter ER-X(日本国内)にしました。

なぜこのルーターにしたの?

まずこのルーターのOSが、Vyatta系のOSが入ってます。Vyatta(VyOS)はlogwでも過去に紹介しているソフトウェアルーターです。このソフトウェアルーターがハードウェアとして見つかりました。入っているOSは正確にはVyatta(VyOS)ではないですがEgdeOSというOSが入っています。このOSはVyattaに似ているところもあるので、CUIでも操作できるのがいいです。

今後このルーターで色々設定してみたいので載せて行きたいと思います。

大きさ


こんな感じで小さいです。

今回紹介した商品