バグなのか仕様なのかわからないLaunchpad-Control

Mac OS X lion にはLaunchpadがあります。どうやらこれiPadとかiPhoneみたいな感じでアプリを表示してくれるのですが設定がややこしいみたいです。フリーソフトでLaunchpad-Controlがあるのですがバグなのか仕様なのかわかりませんがうまくいかないメモです

Launchpadって何?

簡単に言うとアプリケーションフォルダ(/Application)に入っているアプリをデスクトップ上でショートカットみたいに見せてくれる機能になります。Dockにある『Launchpad』というアイコンをクリックするとでてきます。

↑Launchpadアイコン

Launchpad Controlって何?

Launchpad ControlはLaunchpadのアプリを表示/非表示してくれるアプリになります。http://chaosspace.de/launchpad-control/のサイトからダウンロードできます。Launchpad-Control.zipを解凍してダブルクリックすればインストールできます。

Launchpad Controlの使い方

使い方は簡単です。表示したいアプリ、非表示にしたいアプリを選択するだけになります。チェックが入っているアプリが『Launchpad』で表示され、チェックの入っていないアプリが非表示になります。


※画像はクリックで拡大可能

表示したい項目を選んだら『Apply』を押して適用します。

Launchpad Controlの問題点

Launchpad Controlは設定が簡単にできます。しかしこのアプリ10.8のOSと相性が悪いせいか使えません。まず一度チェックを外してApplyを押した後、もう一度設定するとMacがフリーズします。

Launchpad Controlの問題点-再起動すると設定が戻る-

一度設定して再起動すると設定が元に戻ります。非表示にしたアプリも表示されたままになります。

windowsのアイコンがでる

Launchpadで僕の場合はBootCamp使っていたときのWindowsのアイコンがでます。けれど非表示にしてもすぐに表示されたりします。既にWindowsは削除しているのででていけないのにでたり赤い縦線が入っていて全然消えません。

一度Launchpadの設定を初期化してもでてきました。これどうやったら消えるんでしょうね・・・