ConohaのVPSについて

後発組のクラウド・VPSのConohaについて書いて行きたいと思います。

ConohaのVPSって?

お名前.comを運営しているGMOインターネットのクラウド・VPSサービスです。レンタルサーバーとしては後発組なサービスになります。お名前.comでもクラウドサーバーやVPSサーバーは提供していますがサービスは別となっています。

安定性は?

安定性は高いです。実際に僕の方でもWebサーバー、DBサーバー、メールサーバー使っていますが今のところ止まったり、動作不安定などはないです。むしろ全て軽快に動作しています。GMOグループのサーバーだと心配とか、不安定というイメージがある人も多いと思いますが、現在はお名前の共用含め不安定ということはないです。

さくらのVPSと比べてどっちが良い?

一概にどっちが素晴らしいとは言えないです。両方とも素晴らしいです。信頼と実績という点ではさくらのほうが分配はあがると思います。さくらのVPSはデータセンターを東京・石狩・大阪から選ぶこともできます。石狩に関してはデータセンターの場所が公開されています。東京、大阪ではそういことがないです。

Conohaの場合はデータセンターの場所は公開されておりません。都内ということしかわかりません。代わりに海外の拠点が公開されております。

費用面

Conohaの費用面は比較的優しいと思います。さくらの場合は初期費用+2ヶ月分の料金を最初に払う必要がありますが、Conohaは初期費用0円などがあります。財布に優しいのは助かります。

カスタマイズ性

さくらは基本的に全て自分で構築してくださいというスタイルなので、アプリケーションサーバーはVPSではないです。(クラウドサーバーにはスタートアップスクリプトであります)ConohaはアプリケーションサーバーにLAMPパッケージがあり、最初からLAMPがインストールされた状態が用意されています。これは結構嬉しいです。

一方、スイッチを使ったネットワークではConohaではIPのセグメントなどが決まっていますが、さくらのVPSではこのあたりは自由度が高いです。

使い勝手

コントロールパネルの使い勝手はConohaのほうが若干いいです。サーバーの追加なども一度ログインしてしまえばその場でできます。さくらのVPSはこのあたりは古いUIやシステムのままなのでちょっと悪いです。その分長く運用されているのでさくらの凄さ、信頼度がわかるものでも同時にあります。