phpバージョンアップ失敗

WordPressの新しいバージョン3.2です。このバージョンを使うにはPHPが5.2.4以上ではないと使えません。logwでも試みたのですが失敗しました。

その後PHP5.3.x系にアップデートしました。

yum updateを使う

CentOS5.x系では、PHPは5.1.6しか入っていません。そのままyum update php コマンドを実行してもアップデートはできません。logwでは調べてアップデートしました。

yum でアップデート方法

自己責任でしてみてください。このメモはlogwで行い、失敗しました。なので同じようにして成功するかもしれないですし失敗するかもしれません。それはなんともいえません。

下記コマンドにてRPM-GPG-KEYをインストール。
rpm –import http://www.jasonlitka.com/media/RPM-GPG-KEY-jlitka

/etc/yum.repos.d/utterramblings.repoに以下の内容をコピーします。

[utterramblings]
name=Jason’s Utter Ramblings Repo
baseurl=http://www.jasonlitka.com/media/EL$releasever/$basearch/
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=http://www.jasonlitka.com/media/RPM-GPG-KEY-jlitka

コピーが終わったら後はコマンドでyum update php を実行します。こうすることでPHPのアップデートをすることができます。logwでは5.2.16になりました。

自動アップデートを停止する

このままでは勝手にアップデートされてしまうので、enabled=1 を enabled=0 に変更します。

WordPress管理画面にログインできなくなった

PHPをアップデートしたことによって、管理画面にログインできなくなりました。見事に空白のページしか表示されなくなりました。手動で3.2のパッケージをインストールしたのですが、やはり管理画面にログインできませんでした。

PHPを削除してバージョンを戻す

このままではどうしようもないので、一度PHPを削除することにしました。

yum remove php*

PHPを削除したあと、アパッチをリスタートします。

PHPのインストール

PHPを削除すると、今度はWordPressが使えないのでインストールします。

PHPをインストールする
yum install -y php

MySQLを使えるようにもする

yum install -y php-mysql

PHPのバージョンを戻して管理画面にログイン

PHPのバージョンを戻したので管理画面にログインしようとしたら、WordPressのバージョンが3.2のままだったのでWordPressを3.1にインストールをしなおしました。

追記

その後PHP5.3系にアップデートしました。