Bind失敗

メールサーバーの前にお名前解決しないといけないときき、DNSを構築する必要があると言われてからDNSの構築にチャレンジしています。残念な事にうまくいきません(笑)失敗ばかりですね。何が原因なのかいやはや・・・

本と参考サイトの違い

一冊買った本と参考にしているサイトでは内容が全然違っていました。参考サイトは自宅サーバーム家なのでローカルIPが出てきたりとか若干の違いはありますがそのレベルではなかったです。参考サイトではchrootというディレクトリがあったけど本ではそれが一切なかったりとした感じです。

また、本ではzoneをnamed.confに書き込んでいたけど参考サイトでは書き込んでいなかったりとこの辺りの差もあります。もしかしたらそんなに関係はないかもしれないですがやったことない人間や失敗ばかりしているとこれもなにか関係あるのかな?と思ってしまいますいやはや・・・

やり方は一つではない。

とりあえず、参考サイトや本を見たり自分で調べて思ったのが、やり方は一つではないと思いました。複数のやり方があるんだなって思いました。ではどのやり方が一番いいのかは慣れでいくしかないんだなって思いました。どのやり方がいいかがわからないのが正直ありますが・・・参考に某社のDNS(Bind)をみたりしています。

内向け?外向け?

DNSの設定でもう一つ内向けと外向けの設定があります。自宅サーバーのサイトは二つ紹介してあってローカルIPで区切られています。よくよく考えれば当然です。自宅サーバーをメインで紹介しているのですから自宅からアクセスできるようにしないといけないので当たり前といえば当たり前でした。けどよく考えたら僕は自宅サーバーではなく外部のサーバーを使っているので、外向けだけでいい用なきがしてきました。内向けの設定の何がいるのだろうって思いました。外向けだけではできないのかなーってのが一番の疑問です。

Bind

DNSサーバーの殆どがBindを使っているとしって嬉しかったのはそれなら多くの情報があるでした。FTPにはvsftpdとproftpがあったり、メールにはpostfixやsendmailとかがあったりしているようにDNSも複数あると思っていました。実際にはあるのかもしれないですが、標準としてはBindだとしりました。それが知れただけでも自分としてはまず良かったです。使うパッケージを迷う必要がなく、Bindというのをひたすら調べてひたすら実験してやっていけばいいと思いました。