画像ファイルの形式

画像には、JPEG、GIF、PNG、BMP といったファイル形式があります。WEBサイトを作成していると大体はjpgかgifの画像を使い最近png画像が使われるようになっています。ではBMP形式の画像は使われないのか?というと殆ど使われません。今回はこの画像について少々書いてみたいと思います。

画像ファイルの特徴

jpg、gif、png、bmpの特徴をあげるとしたらどうなるでしょうか。真僕が学生の時はこんな真っ先に思い浮かんだのはjpgは軽いでgifは重いとか、jpgが写真に使われてそれ以外がgif等でした。下記に図にして特徴を書いてみました。
画像フォーマット
BMPはビットマップでとても重いのでWEBには向かない形式になります。そのため、WEBではjpgとgifがメインに使われ、最近ではpng画像が使われています。pngは透過処理ができるのでgifの拡張版とここでは思っていただければと思います。

WEBではインターネットを使って画像をダウンロードしているので表示する画像が軽いとそれだけサーバーへの負荷を減らせせます。BMPなどの重い画像を使うとサーバーへの負荷も高く表示も遅いので最近では使われるのをみたことがないです。

それぞれの画像はどんな時に向いているか?

jpg、gif、pngはどんなとこで向いているか大まかに書いていきたいと思います。まずgifは256色でしか表示できないため、グラデーションを使用した画像で使うとムラができてしまいます。なのでグラデーションを使う画像ではjpgかpngを使います。
jpgは主に写真やロゴのグラデーションが使われているとこに向いています。単純なイラスト等はgifかpngが向いています。

gifはアニメーションとして使えるのでバナーでアニメーションgifを使われたりしているとこもあります。アニメーションをしたい場合はアニメーションgifになります。jpg、pngはできません。

透過をしたい場合は、gifかpngになります。jpgは透過には向いていません。最近では透過pngといって透過にはpng画像を用いていました。IE6が主流の時代は透過にはpngは用いられていませんでした。透過pngはIE7以降に対応しているからになります。近年においてはIE6に非対応させているので透過にpngや積極的にpng画像が使われています。

png画像はgifのような奇麗さをもってjpgのような軽さを持っているいわば中間的な画像だと考えてください。最近ではpng画像が使われる傾向が多いです。

フォーマットは決まってはいない

画像の形式で、jpgは軽いから主に使って、gifは重いから使わないとかという考えがある人はその考えをなくしましょう。必ずしもjpg=軽いというわけではないです。イラストや図ではgifやpngのほうがjpgよりも軽いです。逆に写真にはjpgの方が向いています。なので写真ではjpgのほうが便利です。

jpgの注意点

jpgは注意が一つあります。jpg画像は何度も何度も編集して保存するたびに他の画像と違って劣化します。写真が荒れてしますのでjpgのまま編集するのではなく一度PSDなどの劣化しないデータ形式にしてから最後にjpgにするのが望ましいです。