CentOS6で僕が時々使うコマンド

logw_title_centos_logo

CentOSで使われるコマンドになります。自分でよく使うコマンドなのですが忘れてしまうのでメモとして残しておきます。

OSのバージョンの確認

cat /etc/redhat-release
CentOS release 6.3 (Final)

CentOSのバージョンがでてきます。logwのサーバーはCentOS6.3を使っている事になります。

アーキテクチャの確認

自分のOSが64bitなのか32bitなのかを調べるコマンドになります。

arch
#64bitの場合
X86_64 ←64bit

#32bitの場合
i686

このように出てきます。logwは64bitOSで動いています

Apacheのバージョン確認

httpd -v
Server version: Apache/2.4.3 (Unix)
Server built:   Aug 22 2012 23:32:21

サーバーのバージョンなどがでてきます。

httpd -V
AH00558: httpd: Could not reliably determine the server's fully qualified domain name, using dns.logw.jp. Set the 'ServerName' directive globally to suppress this message
Server version: Apache/2.4.3 (Unix)
Server built:   Aug 22 2012 23:32:21
Server's Module Magic Number: 20120211:6
Server loaded:  APR 1.4.6, APR-UTIL 1.4.1
Compiled using: APR 1.4.6, APR-UTIL 1.4.1
Architecture:   64-bit
Server MPM:     prefork
  threaded:     no
    forked:     yes (variable process count)
Server compiled with....
 -D APR_HAS_SENDFILE
 -D APR_HAS_MMAP
 -D APR_HAVE_IPV6 (IPv4-mapped addresses enabled)
 -D APR_USE_SYSVSEM_SERIALIZE
 -D APR_USE_PTHREAD_SERIALIZE
 -D SINGLE_LISTEN_UNSERIALIZED_ACCEPT
 -D APR_HAS_OTHER_CHILD
 -D AP_HAVE_RELIABLE_PIPED_LOGS
 -D DYNAMIC_MODULE_LIMIT=256
 -D HTTPD_ROOT="/etc/httpd"
 -D SUEXEC_BIN="/usr/sbin/suexec"
 -D DEFAULT_PIDLOG="/var/run/httpd/httpd.pid"
 -D DEFAULT_SCOREBOARD="logs/apache_runtime_status"
 -D DEFAULT_ERRORLOG="logs/error_log"
 -D AP_TYPES_CONFIG_FILE="conf/mime.types"
 -D SERVER_CONFIG_FILE="conf/httpd.conf"

コンパイル情報を出力します。

phpのバージョン表示

php -v

#バージョン表示
PHP 5.4.11 (cli) (built: Jan 18 2013 19:18:09)
Copyright (c) 1997-2013 The PHP Group
Zend Engine v2.4.0, Copyright (c) 1998-2013 Zend Technologies

logwのphpは5.4系になります。

MySQLのバージョン確認

mysql --version
#バージョン表示
mysql  Ver 14.14 Distrib 5.5.30, for Linux (x86_64) using readline 5.1

logwではMySQLのバージョンが5.5.30つかっているということになります。

IPアドレスの確認

ifconfig
もしくは
/sbin/ifconfig

#IPアドレス表示
eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr 52:54:06:01:33:10
          inet addr:49.212.167.84  Bcast:49.212.167.255  Mask:255.255.254.0
          inet6 addr: fe80::5054:6ff:fe01:3310/64 Scope:Link
          UP BROADCAST RUNNING PROMISC MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:26234308 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:14051366 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000
          RX bytes:3475760165 (3.2 GiB)  TX bytes:13024082242 (12.1 GiB)

こんな感じででてきます。

ftpクライアントのインストール

yum install -y ftp

これでftpクライアントがインストールできます。まずないと思いますがCentOS(CUI)からftp接続するときに使えます。

telnetのインストール

yum install -y telnet

これでtelnetコマンドが使えるようになります。