Googleのプライバシーポリシーが変更になりました。

3月1日にGoogleのプライバシーポリシーが変更になりました。http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1139.htmlのサイトに色々載っているので気になる方は見ていただければと思います。上記のサイトを見て思った事です。

Googleに情報が行く点について

ちょっと勘違いしてほしくないのですが、まずインターネットは匿名ではありません。そのため、Googleに限らずに貴方が訪れたサイトには必ずサーバーにログが残ります。Googleだけではありません。Yahooでも当サイトでも貴方が訪れたというログはサーバーに残ります。

Google以外のサイトにはログが残っていないと思ったら大間違いです。全部残っています。

アカウント情報がGoogleに残る

Googleアカウントを登録すると、WEBの履歴だけではなく住所、電話番号などもGoogleに行きますとありますが、これは当然です。Googleでなくてもアマゾンや楽天でも会員登録したらその会社に情報がいくのは当たり前です。これで丸裸というならインターネットをやらないほうがいいです。

Gmail、カレンダーについて

gmailやgooleカレンダーに記録した内容もGoogleに行くとありますが、当たり前です。そもそもGoogleが提供したサービスでGoogleのサーバーでサービスが提供されているので当然です。プライバシーポリシーが変更になったからいくのではなく、変更してなくても今までGoogle側にいってました。

貴方のgmailにGoogleの広告がでていたのはGooleがgmailの内容を見て適した広告を配信していたからになります。

勘違いしてはいけないと思う点

勘違いしてはいけないと思うのは、Googleアカウントを持っているから情報がGoogleに行くという点です。Googleにログインしないで検索ワードをしてもGoogleは検索ワードの履歴とか残りません。そもそもGoogleに情報がいくのが嫌ならアカウントを削除すれば良いと思います。

Googleに情報がいくのは当然

Googleで検索をして、gmailを使っていて、Googleカレンダーでスケジュールを管理しているなどすれば、Googleに情報がいくのは当然ですよね。クロームもGoogleが提供しているブラウザになります。Googleに情報が行くのが嫌なら簡単です。ログインしないとかサービスを使わなければ良いです。

アマゾンとの情報の共有について

アマゾンと個人情報が共有されるのは確かに嫌かもしれません。けど実際にはGoogle以外の企業でもしています。もし貴方がT-ポイントのカードを持っていたら、そのカードはTSUTAYAだけではなく、そのTポイントがたまる企業(ファミリーマートやスリーエフ、ガスト)などにも共有されています。そもそもTSUTAYA以外でポイントがたまるということはカードに記載された情報が行くと思った方が良いです。

Googleが共有することが嫌で他ならいいよというなら、もうプライバシーポリシーとかどうでもいいですよね。関係ないですね。

Googleに情報がいくのが嫌というなら・・

例えば、Bingなどを使って検索すればGoogleに情報は行きません。提供しているのはマイクロソフトになります。また、gmailではなくWindows liveメールにすればGoogleに情報は行きません。ブラウザもクロームではなくIEとかfirefoxにすればGoogleに情報はいかなくてすみます。

またはインターネットを切断してやらないという方法もあります。これなら情報は公開されません。インターネットをする限り特定の情報は常に公開しているという認識をもったほうがよいかもしれません。