Trust FormとMW WP Formを使ってみて思った事

WordPressで必要なフォーム。プラグインを使う事で簡単にフォームを用意することができます。有名なのはContact Form 7ですが、残念な事にこのフォームは確認画面がありません。今回はContact Form 7を外して確認画面があるプラグイン、Trust FormとMW WP Formを使ってみた検証を載せて行きます。

Trust FormとMW WP Form

両方とも確認画面付きのフォームです。サイトラボのサイトではTrust Formを採用しています。logwではContact Form 7です。MW WP Formは別のお客様で使用しました。

Trust Formの特長

Trust Formは管理画面上でドラッグ&ドロップで使えるという印象です。ソースコードいじる必要性はないので直感的なフォームが作成できます。テーブルで構成されていて、自動でクラスタグもつきます。

自動返信メールも文面を考えれば良いだけで特に何か設定をするとかはありません。比較的使いやすいかなと思います。

MW WP Form

このプラグインは、フォームの部分が用意されているため、テーブルでデザインする、dlタグを使う等は制作側で選べます。入力画面、確認画面、サンクスページも制作側で同一URLかわけるかなど選べます。自分でソースコードをいれていじりたい人向けかもしれません。

欠点はクラスが割り振れないというのがあります。

共通点

二つのフォームは、問い合わせしてくれたお客さんの情報が管理画面でもみれるという共通点があります。これは結構助かったりします。

個人的にお勧め

個人的にはTrust Formをお勧めします。直感的にドロップができる感じと、テーブルで表示されるので装飾は比較的しやすいかなと思います。