VyattaとクライアントマシンをVPN接続する

前回の記事では、さくらのクラウドにVyattaを導入しました。今回はクライアントマシンからVyattaへVPN接続をするための方法を載せておきます。

Windows7

Windows7からVyattaに接続する方法になります。

ネットワークアイコンをクリック

img_network

タスクバーのネットワークアイコンをクリックします。

ネットワークと共有センター

img_network002

タスクトレイのアイコンをクリックしたらネットワークと共有センターを開くをクリックします。

タスクトレイのアイコンが見つからない場合はスタート画面→コントロールパネル→ネットワークとインターネット→ネットワークと共有センターをクリックしてください。

新しい接続またはネットワークのセットアップをクリック

img_network003

職場に接続しますをクリック

img_network004

インターネット接続(VPN)を使用しますをクリック

img_network005

IPアドレスの入力

img_network006

インターネットアドレスに、VyattaのIPアドレスを追加します。DNS構築など終わっている場合はホスト名でも繋がると思いますが基本的にIPアドレスで問題ありません。今は接続しない。にチェックをいれておきます。

ユーザー名とパスワードを入力

img_network007

ユーザー名とパスワードにVyattaで作成したユーザー名とパスワードを入力します。

接続の準備完了

img_network008

これで接続の準備は完了しました。一度閉じるを押します。

再度職場へ接続しますをクリック

img_network004

職場に接続しますをクリックします。

既存の接続をしようしますか?

img_network009

既存で今作ったのをクリックします。

img_network010

プロパティをクリックします。

セキュリティタブをクリック

img_network011

セキュリティタブをクリックします。

セキュリティ設定

img_network012

VPNの種類をIPsecを利用したレイヤー2トンネリングプロトコル(L2TP/IPSec)にします。VPNの種類を変えたら詳細設定を押します。

詳細設定の変更

img_network013

認証に事前共有キーを使うを選択し、Vyatta作成時の共有キーを入力します。

入力が終わったら接続をクリック

img_network014

入力が終わったら接続をクリックします。これで接続できれば完了です。

確認

http://www.ugtop.com/spill.shtmlにアクセスをして、表示されているIPがVyattaのグローバルIPならVPN接続は成功です。

Mac編

MacOSからVPN接続するための設定を解説します。

システム環境設定を開く

img_finder

システム環境をクリックします。

ネットワークを選択

img_mac_system
※画像はクリックで拡大します

ネットワークを選択します。

ネットワーク

img_mac_system002
※画像はクリックで拡大します。

『+』をクリックします。

インターフェースをVPNにする

img_mac_system003

  • インターフェース:VPN
  • VPNタイプ:L2TP over IPSec
  • サービス名:任意に入力してください。

VPN設定

img_mac_system004

  • サーバーアドレス:VyattaのグローバルIPアドレスをいれます。
  • アカウント名:Vyattaで作成したユーザー名を入力します。

サーバーIPアドレスとアカウント名を入力したら認証設定を押します。

認証設定

img_mac_system005

  • パスワード:Vyattaで作成したユーザーのパスワードを入力します。
  • 共有シークレット:Vyatta作成時の共有キーを入力します。

入力が終わったら詳細をクリックします。

詳細設定をする

img_mac_system006
※画像はクリックで拡大します

すべてのトラフィックをVPN接続経由で送信にチェックをいれて『OK』をクリックします

接続確認

img_mac_system007
※画像はクリックで拡大します。

接続済みとでれば認証成功です。念のため確認してみたいとおもいます。

確認

http://www.ugtop.com/spill.shtmlにアクセスをして、表示されているIPがVyattaのグローバルIPならVPN接続は成功です。