スラスラ読める個人事業の経理―ひとりで学ぶ実務のキホンという本を買いました

9月から個人事業主になりました。僕は今フリーでやっていて経理のところが正直わからないので、本を買うことにしました。

どの本を買っていいのかわからない

当然ですよね。専門分野ならともかく専門分野でもないので沢山本があるなかで、タイトルも似たようなのが多く正直「この1冊でわかる個人事業主の経理」とか、「これだけでわかる個人事業主の経理方法」とかあると買う方からするとどれを買えばいいの?となります。このあたりはWEBの書籍にも当てはまります。書籍のタイトルが似ているけど内容は的外れとか他のと同じというのはどの業界でも多いのでしょうかね・・・

個人事業の経理を買った理由

先に言うと、僕はこの本はアマゾンで見ていません。本屋でなんとなく手にとって買ったのです。アマゾンのレビューがよかったのは帰って調べてから知りました。この本を買った一番の理由はCDが添付でついていたからになります。

僕のような会計とか経理などわらかない人間からすると、損益計算書とか経費計算書とか本に書いてあっても正直わからないのです。けどExcelのデータが本を買ったときにあればこれを使うことができると思うので買おうと思いました。

クラウドサービスのfreeもあるよ?

実際に使っているのですが、そもそも会計とか経理がわからない人間がこのサービス使うというのが間違ってますよね。だって機能が豊富でわかんないんです。