OpenLiteSpeedでPHPのバージョンの消し方

OpenLiteSpeedを使っていると1つ困るのが、PHPのバージョンが表示されることになります。それの非表示方法となります。

PHPのバージョンが表示される

OpenLitespeedでは、デフォルトでPHPのバージョンが表示されます。セキュリティー的に良くないのでこれを非表示にしたいと思います

設定方法

というわけで設定をしていきたいと思います。

php.iniで変更

PHPのバージョンを表示する方法は

  • php.iniの設定を変える
  • htaccessで設定
  • phpに直に書く

になると思います。htaccessで設定する方法もあるのですが、何回か試したのですが普通に失敗するので使えませんでした。PHPに直に書くのもWordPressではあまり一般的ではないので、php.iniに設定したいと思います。

php7前提

logw.で使っているphpは7系になるため、php7での設定となります。

php.iniを探す

[macan@ik1-343-31745 ]$ find / -name php.ini
/usr/local/lsws/lsphp72/etc/php.ini

見つかりました。というわけでphp.iniの変更をしたいと思います

[macan@ik1-343-31745 ]$ sudo vi  /usr/local/lsws/lsphp72/etc/php.ini
expose_php = On → expose_php = Off

終わったら再起動します。

再起動-コンソール画面より

コンソール画面から行う場合は、再起動ボタンをクリックしてください。

再起動-コマンドベース

コマンドで行う場合は以下のコードを入れればOKです

[macan@ik1-343-31745 ]$ sudo service lsws restart

どちらでも問題無くできます。

確認

再度確認してみてください。バージョンが消えているはず・・・だと思ったけど消えていません。

設定は正しいのに・・・

設定は正しいはずなのですが、なんど見てもバージョンは消えていません。ブラウザキャッシュを消しても消えていません。

phpinfoで確認

phpinfoで確認します。まずはファイルを作成します

<?php phpinfo(); ?>

ファイル名はinfo.phpなどにして、ドキュメントルート直下にアップします。ブラウザでアクセスしてみてください。
※phpinfoは終わったら削除してください。

パスの確認

画面赤枠のConfiguration File (php.ini) PathLoaded Configuration Fileを確認します。

  • Configuration File (php.ini) Path > /usr/local/lsws/lsphp7/lib
  • Loaded Configuration File > (none)

となっています。

結論:php.iniを読み込んでいない・・・

php.iniを読み込んでおりません。

php.iniをコピー

設定したphp.iniをコピーします

	[root@ik1-343-31745 etc]# cp /usr/local/lsws/lsphp72/etc/php.ini /usr/local/lsws/lsphp7/lib/

再起動

[root@ik1-343-31745 etc]# service lsws restart

面倒なのでコマンドで再起動しました

確認

phpinfoの確認

phpinfoの画面を更新してください。Loaded Configuration Fileがnoneから変わったと思います。

  • Configuration File (php.ini) Path > /usr/local/lsws/lsphp7/lib
  • Loaded Configuration File > /usr/local/lsws/lsphp7/lib/php.ini

これでphp.iniを読み込んでいるため、バージョンが消えていると思います

バージョンが消えているかの確認

問題無くバージョンが消えています。これでセキュリティー的に安心しました