php.iniの位置を変更する

yumでインストールしたりすると、php.iniは/etc/直下になるのですが、ソースからインストールしたりphpenvなどを使うと位置が変わってしまいます。なので慣れている/etc/直下にしてみたいと思います

今回はbuildreeで配布しているphpenvを例にとってやっていきたいと思います

phpenvでは場所が異なる

Buildreeでは、phpenvを使ってインストールする事もできます。記事執筆時は7.4.13のバージョンを使っています。そのためphp.iniの位置が異なります

/usr/local/phpenv/versions/7.4.13/etc/php.ini

これがphp.iniの位置になります

/etc/php.iniに変更する

慣れている人や、場所を把握している人なら問題ないですが、どうせなら/etc/直下に置きたいと思います。というわけで置いていきます

コード

#php.iniをコピー
cp /usr/local/phpenv/versions/7.4.13/etc/php.ini /etc/

vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

<IfModule php7_module>
   PHPINIDir /etc/
</IfModule>

#再起動

systemctl restart httpd

確認方法

一番簡単なのはphpinfoで確認することになります。
Loaded Configuration Fileのとこが/etc/php.iniになっていれば変わっております

phpinfoのコードは以下のようになります

<? phpinfo(); ?>

個人支援・寄付について

サイトラボではBuildreeの開発などのため、現在個人支援・寄付を受けております。ご協力いただける方はお願いいたします。当サイトではkyashというサービスをつかっております。ビットコインでも受け付けております。