Mac Book Pro Retinaモデルを触っての感想

Apple storeに行ってきてMac Book Pro Retina モデルを実際に見てきました。僕が持っているMBAと比較してみたいと思います。

マシンスペック

  • Mac Book Pro Retinaモデル
  • サイズ:15.6インチ
  • 画像解像度:2880px×1800px
  • 発売日:2012年6月
  • Mac Book Air
  • サイズ:13インチ
  • 画像解像度:1440px×900px
  • 発売日:2012年6月

※MBAは僕が買ったものになります。

画像がにじんで見える

Retinaディスプレイで実際にWEBサイトを見てみました。


(100%で表示した状態になります)
MBAでYahoo Japanを見てみました

(100%で表示した状態になります)

Yahooのロゴがぼけて見えます。次にlogwを見てみたいと思います。

Retinaディスプレイで見たlogw

スライドのロゴがやはりぼやけて見えます。テキストの文字は画像並みに綺麗に見えます。
(100%で表示した状態になります)
MBAでlogwを表示します。

(100%で表示した状態になります)

やはりRetinaディスプレイだと画像がぼけて見えます。

Wordを立ち上げてみる

今度はRetinaディスプレイでWordを立ち上げてみました。


(100%で表示した状態になります)文字自体がじゃぎったりぼけたりして見えます。普段から文字が汚く見えて契約書を作る、何か報告書を作るとなると見慣れるまでに時間がかかりそうです。
MBAでwordを立ち上げてみます。

鮮明に見えます。48ptを見比べるとRetinaディスプレイのが荒いのがわかります。
(100%で表示した状態になります)

Wordのタブ部分

wordの『ホーム』『レイアウト』のタブ部分の画像を見てみたいと思います。


見てわかるように全体的にぼやけて見えます
(100%で表示した状態になります)
MBAに入っているwordのタブ部分を見てみます

(100%で表示した状態になります)

Retina対応?

Appleのサイトは店員さんの話ではRetinaと非Retinaと画像の表示を切り替えているそうです。そのためRetinaモデルでも綺麗にサイトが表示されているそうです。

しかし実際にGoogleやYahooはRetinaモデルに対応はしておりません。Retinaに対応していないサイトは全て画像がぼやけて見えます。
※テキストは画像並に綺麗に見えます。

Retina対応必須?

店員さんの話では

Retinaの解像度は250dpiはあるのでそれに対応した画像が必要になります。

と言われました。通常72dpiで作成しているサイトをRetinaモデルに対応させるとなると、画像のサイズが大きくなりサーバーへの負荷もかかります。現時点ではRetinaにサイトを対応させる必要性があるかというとどうだろう?と思います。個人的には5年くらいはまだ対応させなくてもいいかなと思っています。