HTMLについて


最近ではHTML・XHTML・CSS・PHP・JavaScriptといった言葉を耳にします。特にHTMLというのは大事な言語です。WEBサイト(ホームページ)を作る上で一番不可欠な言語です。
よく、HTMLが出来ればCSSもできるとか、HTMLできるならPHPなんてすぐできるといいますが、これは誤解です。PHPを書いている人はこれよりも難しい言語をしている人とか、慣れている人からしたら簡単かもしれませんが、HTMLとPHPは別物です。一朝一夕でできるものでもないです。そして、HTMLは一番重要な言語だと僕は思っています。個人的ではありますがHTMLの説明をここではしていきたいと思います。

HTMLって何?

そもそもHTML(エイチティーエムエル)ってなんだ?と思う人はいます。HTMLとはHyperText Markup Language(ハイパーテキストマークアップランゲージ)というのの頭文字をとったものです。Webページを記述するためのマークアップ言語の事です。

マークアップ言語?

そもそもマークアップ言語とはなにか。マークアップ言語とは、『タグ』と呼ばれる特別な文字列で囲う事により、文章の構造化や装飾を行う言語です。WEBサイトの作成にはよく『タグを記述する』とか聞きますよね。これがHTMLでいうMLのマークアップランゲージの部分です。

ハイパーテキスト

ハイパーテキストとは何かというと、メモ帳等のテキストファイルに任意の位置にハイパーリンクを埋め込み、複数のページを相互に連結させる事をいいます。HTMLだけではなく、マイクロオフィス製品にもハイパーリンクという機能がありますが、それと同じです。このハイパーリンクが埋め込まれたテキストを『ハイパーテキスト』といいます。

HTMLとは

HTMLとは、ハイパーテキストでマークアップされた言語の事をいいます。そして、パソコンがこのファイルはHTMLファイルだとわかるように拡張子にhtml又はhtmとつけます(htmlば一般的)。HTMLの便利な点は、専用のソフトがなくてもWindows標準のメモ帳でも開いて編集できます。IBM社のホームページビルダーやAdobe社のドリームウィーバー等有名ですが、そういう有料のソフトを使わないでもメモ帳等でも開いて編集できる優れものです。

有料ソフトを使う理由

多くの企業やSOHOと呼ばれる職業の人が有料版のソフトを使うには理由があります。それは、HTML以外の言語にも対応していたり、ソフトで確認やサーバーにアップできるからです。そのため、有料ソフトを使うケースがあります。
慣れている人はテキストエディタという無料のソフトを使っています。

まとめ