WordPressでサイトを作るという事について

普段お客さんからサイトを作りたいと連絡を受けたとき、僕はお客さんが更新したいかどうかをまず聞きます。もし運用含め任せたいという場合は静的なページだけでいいかなと思いますが、自分たちで更新したいとか、お知らせなどを載せたいとなったときはCMSを提案します。僕はCMSと言ってもプログラムわかんないし、WordPress以外使えないのでWordPressを進めるくらいになりますが・・・

WordPressでサイトを作るという事について

CMSを使う点で、セキュリティーや古いのを使い続けるというのは良くないなど様々ありますが、僕は普通に有りだと思っています。使い方によってはデメリット以上にメリットがあるかなと思います。

インストールが楽

最近のレンタルサーバーなら、どこを借りても簡単インストール機能があり、WordPressのインストールが楽です。管理画面からぼたん一つでぽちって押すだけで勝手にインストールできます。DBを自分で作ったりしなくても良いです。

カスタマイズが自由

WordPress以外のCMSでもできるかもしれませんが、カスタマイズが自由です。logwのようなデザイン、PhotoshoplabやサイトラボのようなデザインもWordPRessでできます。また、home.phpとpage.phpがあればサイトラボのようなシンプルなサイトもできます。

素人の方でも更新ができる

一番安全?なのはきっと静的なHTMLで作って毎回HTML生成したりするのがいいかもしれません。けどこれはHTMLの知識だけではなく、FTPを使ってサーバーからデータのダウンロードとか必要になってきます。正直そんなの素人の人にやってくださいねといっても無理です。マニュアルを用意しても多分いやがります。僕ならやりません。

けどWordPressなら、管理画面にログインをして投稿画面のとこから更新してねというのと、マニュアルを用意してあげればFTPで行うよりもやってくれます。また、HTMLの知識がなくても更新ができます。素人の方でも更新できるのが良いです。

拡張性が豊富なのでプラグインなどで解決できる

WordPressのメリットの一つに、プラグインが豊富なので拡張性が高いのがあげられます。例えば更新したらソーシャルメディアのアイコンを表示したいとなったとき、直接テーマファイルに書くことも出来ますが、PHPなどが苦手な人は正直やりたくないです。デザイナーさんなら特にそんな感じではないでしょうか。プラグインで解決するならおそらくプラグインを使うと思います。

ページャーを表示するのも、関連記事を表示するのもプラグインでもできます。また、DBを複数構成や、nginxを使うとなってもプラグインで対応できます。ある程度の問題が起きても解決できるというメリットがあります。

10年超えるCMS

CMSは開発が終了すると更新がされなくなったりするデメリットがあります。こうなると脆弱性対策など対策がされなくなります。いつ終了するかわかならいCMSを使うのはリスクかもしれません。有料版などならサポートもあるのでいいですが無料版なのでサポートというのもないです。提案という意味ではマイナスな要素になりそうですが、10年以上使われているCMSなので、僕は今後も積極的に使っていこうと思いました。すぐにはサポートも終了しないだろうと。

多くのサイトで使われている

これにつきると思います。大手のサイト、個人のブログなど幅広い人達に使われています。イベントなども行われていて海外でもかなり使われています。多くのサイトでも使われているので少なくとも今提案して使っていてもすぐに開発が終了とかなくなったりはしないなと思います。