Windowsが重くなったときにチェック

僕が普段Windows7を使っています。XPと比べると起動等は安定的で遅くはなりませんが、使っていけば起動が遅くなっていきます。そこで簡単にできる高速化を紹介したいと思います。XPの場合はWindows XPの起動時の長いディスクアクセスは、Windows Updateの履歴が溜まりすぎていたせいだった?!のページを参考にしてください。

DataStoreの中身を削除

c:\windows\SoftwareDistribution\DataStore にアクセスをするとディレクトリとファイルがあるとおもいます。この中身を削除します。

Windows XP ではWindows Update のサービスをとめないといけないですが、僕がWindows7で行ったときはそのまま削除できたので止める必要はないです。

Temp内のファイルを削除

C:\Windows\Temp にアクセスします。この中にあるファイルを全部削除します。ここは一時的なファイルが生成されるとこで、なんらかの理由で削除されない事があるので手動で削除します。

Tempフォルダってなに?

Tempフォルダは、アプリケーションを立ち上げたりしたりするときに一時的に作られるファイルが置かれるフォルダになります。本来なら自動で中のファイルは消えるべきですが何故か残ってしますケースがあります。そんな時は一度アプリケーションを停止してから削除するといいでしょう。

参考サイト