CentOS6.3にアパッチ2.4系をインストール

CentOS6.3にApache2.4系をインストールしたいと思います。今回の記事はそのメモになります。

スペック

  • CentOS 6.3(64bit)
  • メモリ:2GB
  • Apache:なし
  • PHP:なし
  • MySQL:なし

目的:Apacheをインストール

CentOS6ではデフォルトで2.2.15のApacheがyumでインストールできます。logwでは2.2.23を使って今したが今回は2.4系のアパッチをインストールしたいと思います。

1.wingリポジトリ導入

RHEL6互換OS用 wingリポジトリ を公開のページを参考にリポジトリを導入します。導入方法はこんな感じです。

[root@dns ]# rpm -ivh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/i386/epel-release-6-7.noarch.rpm
[root@dns ]# cd /etc/yum.repos.d/
[root@dns ]# wget http://wing-net.ddo.jp/wing/6/EL6.wing.repo
[root@dns ]# yum clean all

導入完了です。次にApache2.4をインストールするためwing-extrasを導入します。

2.wing-extras導入

事前にWingリポジトリを導入している事が前提となります。

[root@dns ]# yum install yum-priorities
[root@dns ]# cd /etc/yum.repos.d/
[root@dns yum.repos.d]# wget http://wing-net.ddo.jp/wing/extras/6/EL6.wing-extras.repo

ls -allでEL6.wing-extras.repo EL6.wing.repoが入っているのを確認します。入っていたら以下の事をします

[root@dns yum.repos.d]# vi EL6.wing.repo
[wing]
name=EL $releasever - $basearch - wing Repository
baseurl=http://wing-net.ddo.jp/wing/$releasever/$basearch/
enabled=0 ← ※1に変更
gpgcheck=0
priority=2

[wing-source]
name=EL $releasever - $basearch - wing source Repository
baseurl=http://wing-net.ddo.jp/wing/$releasever/SRPMS/
enabled=0
gpgcheck=0
priority=2

同じようにEL6.wing-extras.repoも変更します

[root@dns yum.repos.d]# vi EL6.wing-extras.repo
[wing-extras]
name=EL $releasever - $basearch - wing extras Repository
baseurl=http://wing-net.ddo.jp/wing/extras/$releasever/$basearch/
enabled=0 ← ※1に変更
gpgcheck=0
priority=1

[wing-extras-source]
name=EL $releasever - $basearch - wing extras source Repository
baseurl=http://wing-net.ddo.jp/wing/extras/$releasever/SRPMS/
enabled=0
gpgcheck=0
priority=1

これで設定完了です次はインストールします。

3.Apacheのインストール

準備ができたので今度はApacheのインストールをします。

[root@dns ]# yum install -y httpd

↑yum でインストールします。

[root@dns ]# httpd -v
Server version: Apache/2.4.3 (Unix)

バージョンがでればインストール完了です。

備考

設定やインストールは自己責任でお願いします。