VsFTPDでアップロード時のデフォルト設定を変える方法

CentOSにVsFTPDをインストールしているのですが、毎回アップロードするとファイルとフォルダのパーミッションに悩まされていました。

悩み

FTPでファイルをアップロードする度に、ファイルのパーミッションが644、フォルダが755です。しかしこのパーミッションだとWordPrressを使ってアップデートするときにできないため、一度SSHでパーミッションを変える必要性があります。これがちょっと面倒なんです。

解決方法

ちゃんとありました。vsftpdのconfファイルを変更することで解決することができました。

[root@]# vi /etc/vsftpd/vsftpd.conf

local_umask=022 <--Directory=755,File=644(Default)
local_umask=002 <--Directory=775,File=664

デフォルトの設定(022)を002に変更して再起動すればOKです