Windows Terminalで WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!の対処法

Windows Terminalを使っていてサーバーの再構築をしたら WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED! がでましたこの対処法になります

対処法:ssh-keygen -R ホスト名(IPアドレス)

一番手っ取り早い方法です。Windows Terminalのコマンドでも↑のコマンドは使えるため、これを使うのが良いかなと思います

.oldファイルが作成される

上記のコマンドを使うと、ユーザー名/.ssh/ の中に known_hosts.old というファイルが作成されます。これが邪魔な場合は削除してしまってください。
削除コマンドはlinuxではrmコマンドですが、ここではコマンドプロンプトのコマンドになります。

削除コマンド:del .ssh/known_hosts となります
※.sshといれるとWindows Terminalでは ..ssh\ と表示されますが、気にしなくても良いかもしれません。

sedコマンドは使えない

sedコマンドを使おうとすると

sed : 用語 'sed' は、コマンドレット、関数、スクリプト ファイル、または操作可能なプログラムの名前として認識されません。
名前が正しく記述されていることを確認し、パスが含まれている場合はそのパスが正しいことを確認してから、再試行してください

とでるので、もしかしたらsedコマンドは使えないかも知れません。

個人支援・寄付について

サイトラボではBuildreeの開発などのため、現在個人支援・寄付を受けております。ご協力いただける方はお願いいたします。当サイトではkyashというサービスをつかっております。ビットコインでも受け付けております。