法人ドメインは即日ではとれない

株式会社カラーバイトの法人ドメインを取ろうとしました。法人ドメインは僕自身初めて取得します。
※法人ドメインなのでco.jpですが、正確には属性型JPドメインになりますのでほかのドメインも対象になります。

登録の流れ

今回はco.jpドメインで登録をしたので、その流れを書いていきたいと思います。

カラーバイトではお名前.comで申請をしたため、お名前.comでの手順になります。

  1. 【お客様→お名前.com】ドメインの登録申請
  2. 【お名前.com→お客様】ドメインの登録申請受理メール送信
  3. 【お名前.com→JPRS】ドメインの登録申請
  4. 【お名前.com→お客様】ドメインの登録完了通知

振り込みは、2番のとこで選択できます。クレジットカード、銀行振り込み、コンビニ決済など通常のドメイン取得するのと変わりません。

JPRSへ登録申請

JPRSは、日本の.jpドメインを管理している会社になります。お名前.comからここへ登録申請をだします。通常のjpドメイン(logw.jp)などは即日で登録できますが、法人ドメインとなると即日とはいきません。

調査・確認

co.jpドメインには、『日本国内に登記のある企業』が1企業(組織)につき一つしか取得することができません。お名前.comでは、ドメイン登録時に同時に登記されている住所も入力をします。そのため、登記された住所などが存在してあっているかなどを調査します。この調査や確認は数日~数十日かかります。調査や確認が終わり、問題なければ登録されます。

備考

法人ドメインの取得はしたことがなかったため、今回初めてしたためまさか数日~数十日かかるとは思っていませんでした。そして、この記事を書いている時点ではまだ取得ができていないのも事実です。もしかして登記されている住所に書類が届き、それを返送しないといけないとかあるのかはわかりません。
※僕はカラーバイトの代表ではないため。

実際に確認がどんなことされているかもわかりません。そのため、登記が終わったら早めにドメインはとっておいた方がいいかもしれないです。(取得される場合)

本当にco.jpドメインは必要か?

僕が入社した会社で、co.jpドメインを使っていたのは1社だけでした。後はcomだったりccやjpなどでした。勤めた会社は設立して10年以上の会社です。昔は企業がco.jpドメインを持つと言うだけで信頼度が違ったと言われていましたが、今の時代において果たして必要なのでしょうか。実はco.jpドメインはなくてもいいのではないのかなという企業も増えたのかと思います。

例えば、お名前.comを運営しているGMOグループは全部jpドメインです。中にはco.jpドメインをとっていない会社もあります。さくらインターネットも現在はad.jpドメインになっています。

jpドメインが増えてきた?

co.jpドメインと違い、jpドメインなら即日でとれるし、登記された住所を入力しなくてもいいです。さらに、ドメイン入力するときにcoをいれなくてもいいので、ちょっとだけ手間が省けます。もしかしたら、最近の企業はjpドメインを選択する傾向があるのかもしれません。jpドメインも年間3,000円程度で取得できるためかもしれません。