とあるイベントに参加してきました!

10月の中旬に都内であったイベントに参加してきました。そこで色々な人とお話ができたのでWebディレクターという立場で少し雑談などさせていただきました。貴重な時間で色々な考えとか持っている人もいてよかったです。僕がディレクターという立場で少しその時の内容を書いて行きます。

交流会

交流会は法人の社員さん、若い代表、これから独立を考えている方、生粋のイラストレーターさん、デザイナーとして自立してばかりの方、普段はOLだけどPHPのプログラムを頑張っている方、家庭教師、営業さんなど沢山の人とお話できました。普段コミュ障な僕ですが大勢の方と楽しいおしゃべりができたのは助かりました。

WEBディレクションをしている立場として

僕は普段WEBのディレクションやサーバーの構築をしています。そこで現役のWEBディレクターの立場で交流会でお話した人の不安とか心配を少しでも解消できたらいいなーと思い書いてみます。ちょっと手厳しい意見もあるかもしれません。

ここで書くのは僕がディレクションをする立場での事なので、他の方に当てはまるわけではないです。参考程度の1つにしてください。

デザインできます!プログラムできます!

というのは良くききますが、僕の立場からするとこれは何も参考になっていません。デザイナーがデザインできるのは当たり前で、プログラマーがプログラムできるのも当たり前なんです。できなければそもそもデザイナーでもプログラマーでもないんです。

デザイナー:ポートフォリオあります!

僕はデザインセンスないのでそのポートフォリオを見ても「だから何?」となります。デザイナーにお願いしたいのは、せっかく作ったポートフォリオなのでその説明をしてほしいです。「なぜそのデザインなのか?」「なぜその色を使っているのか?」「なぜそのフォントなのか?」デザインする上で気をつけている点や誰をターゲットにしたかなど。これがデザインの説明でそれを僕はしてほしいのです。デザイナーがおしゃれなポートフォリオを見せていただいても、何も無ければまぁ、、、デザイナーだからな・・・としかならないのです。

プログラマー:プログラムできます!

はぁ。。。としか言えないのが本音なのです。例えばどんなプログラミングするのか(WordPressのテーマ作成できる、フォームを最近作った)などソースが見れるならソースを見せて欲しいというのがあります。僕はプログラマではないですが、WordPressのソースは少しはわかるので見て分からない点や気になる点などあれば質問したりします。

デザイナー:相場がわからない。価格がわからない

ご安心ください。僕もわかりません。とりあえず「言い値」を言ってみてください。全てはそこからです

最低限僕以上の技術者

WEBディレクションをしているため、相手はお客さんがいます。僕はお客さんに納品をするので品質はある程度求めないといけません。WEBディレクターと同等のスキルを持つか未満ならその人にお願いする必要は正直ないというのが本音です。ディレクションをしているという事は、デザイナーやプログラマーは僕以上の技術者というのが求められます

僕以上の技術者

こういうと「ディレクションしているしある程度知っているから貴方以上の技術を求めるのはどうかと思う」って思われるかもしれませんが、僕は「絵は書けません」、「イラストの描き方わかりません」、「フォーム?自作できるけど他人にだせる物では無いです」、「WordPress?テーマ作れる程度です」、「デザイン?もうしてないのでわかりません」という人間です。現役のプログラマさんやデザイナーさんが僕未満であることはないです。

ちゃんとアピールしてください。そして見せてください。少なくとも、ポートフォリオが実績あるなら僕なんかより優れた方なのでその才能を無駄にしないで使ってください

言い値について

ディレクションをするというのは、正直楽しい事なんか1つもありません。デザイナーやプログラマに「お金」を払い、予算の中から利益を求めたりしないと行けません。お客さんには説明をしなければいけません。

ディレクションをしていると、優先すべきは誰か?という事を考えます。クライアント?デザイナー?プログラマー?一体だれを・・・

僕はデザイナーやプログラマーを優先してます。優先としっても何か特別な事をするとかではなく、基本的に見積もりなどをとったり言い値を聞き入れるということをしてます。予算あっての配分なので全て希望に添えるというわけではないですが、言われた値段でお願いできるならそのまま依頼をします。

気持ちよく仕事してもらうために

僕が言い値の値段を支払うのはデザイナーやプログラマーさんに気持ちよく仕事をしてもらいたいというのもあります。見積もりとったりその値段を言って僕は了承したので、プロとしてそこはお願いしますということになるかなと思っています。

追加費用に関して

言い値や見積もりでも、やってみると正直大変すぎて割に合わないとかあると思います。そんな時は事前に相談してくださいとも言ってます。追加費用払えるなら払う。難しいなら他の方法を考えたりもします

こんな感じの内容ですが、これからデザイナーやプログラマーとして活動して行く人の何かの参考になれば良いなぁと思います