日本政策金融公庫に行って話しを聞いてきました

日本政策金融公庫というとこに行ってきました。平たく言うと国がお金貸してくれる金融機関です。銀行とかよりも審査が甘かったり金利が低いとかなんとか・・・

何で行ってきたのか?

興味本位というのがあります。後僕は今融資とか受けたりお金を借りたりしているわけではないのです。そのため何も「わからない」というのが現状です。今後融資とか考えたときに何もわからないではよくないので勉強も兼ねて行ってきました

事前に電話で聞いてみる

こういう所は事前予約制なのかどうかもわからないので、とりあえず電話してみました。電話できいたら特に事前予約など不要でそのまま来店してよいみたいです。場所が分からない場合は今住んでいる住所を伝えると最寄りの場所を案内してくれます。

聞いてきた内容

実際に聞いてきた内容など載せてみます。何か参考になればいいなーと思います。

誰が借りられるのか?

個人、法人問わず借りる事が出来ます。フリーランス(個人事業主)も対象となっています。

いくらまで借りられるの?

融資制度によって違います。普通貸し付けだと4800万円までみたいです。

融資制度は誰が選ぶ?

これは日本公庫側が選びます。申込み書をみて一番金利が低い融資などを提案してくれるみたいです。僕が借りる場合は普通貸付ではなく新企業育成貸付というほうが該当するみたいです。

このあたりは一度相談に行ってみるといいかもしれません。WEBサイトだけ見ていてもわからないとこになります。普通貸付と新企業育成貸付の違いは金利です。普通貸付は金利2%前後ですが、新企業育成貸付のほうが0.4%ほど金利が安いみたいです。

運転資金と設備資金で返済年数が違う

そもそも、この2つの違いが漠然としていてよくわからないので聞いてみました。

  • 運転資金:人件費、家賃などのいわるゆ経費
  • 設備資金:PC購入、事務所の敷金・礼金など設備にかかるお金。車の購入等は設備資金になるみたいです

運転資金と設備資金で返済年数が違うため、例えば200万借りたいとしたとき、運転資金と設備資金が含まれている場合はそれぞれわけて考えます。運転資金で50万、設備資金で150万等

自分はIT屋さんなのでIT資金対象?

融資制度の中にIT資金というのがあります。紛らわしいのですがこれはIT屋をターゲットではなく、例えば開業医などが電子カルテを導入するなどの場合が対象らしいので、WEBサイト作ってます!サーバー構築してます!の会社や個人は対象にはなりません。

返済はいつから開始?

借りた翌月からになります。五十日が返済する日程らしいです。1年間は金利のみの返済もできるらしいですが特に意味無いのでそのまま返済したほうがいいです

返済期間の延長は信用問題にかかわる

例えば「100万円を借りて1年で返済するのを10ヶ月で返済」の場合と「100万円を借りて1年で返済するのを1年1ヶ月で返済」する場合、1年1ヶ月のほうが信用問題に影響がでます。

これは、当初の約束で1年で返済するという約束をしているけど期間を延ばしているためになります。逆に繰り上げ返済している場合はマイナス影響になる事はありません。注意が必要なのは繰り上げ返済する場合は一括で返済したほうが楽というのがあります。

担保ないけど無担保で借りられるか?

無担保で借りられる。担保持っている人の方が少ない

法人化する場合はいつ借りた方が良いか?

法人化してからのほうが良いみたいです。個人事業→法人化の場合で個人事業で借り入れをすると法人化したあとに書類で変更などが必要みたいです。二度手間になるのでそれなら法人化してから借りた方がよいみたいです。(30万ほどあれば法人化もできますからね・・・)

会社員辞めて創業とフリーランスから法人化する場合も同じ創業?

これに関しては明確に違うと言われました。会社員を辞めて創業の場合とフリーランスから法人化するのではみる箇所が違うみたいです。例えば創業の場合は会社概要・事業計画書などを出して貰ったりするみたいですがフリーランスから法人化の場合は会社概要と個人事業時代の確定申告2期分らしいです。

信用という意味ではどちらが高いか?という点は答えて貰えませんでしたが、フリーランスを長く続けていて法人化するなら今までの経験や過去2期分の青色申告の決算書があるので信用としては高いという事らしいです。
※日本公庫では厳密には信用といういい方はしないみたいらしいです。

融資はどんな人が受けているのか?

タクシードライバー、フリーランス、中小企業の会社など数多くの方が利用しているみたいです。

融資落ちる事あるの?

あり得ます。例えば事業計画がずさん(本当にその計画でいけると思うの?)という内容や税金の滞納などしていると落ちるみたいです。特に日本公庫は政府の関連機関なので税金の滞納はマイナスとなります。なので税金の滞納や年金の滞納などは避けてください。

融資までの期間は?

申込み→審査→面談とあり、面談で可否がでます。融資の許可が下りる場合は約3週間~4週間ほど見ておいた方が良いです。

融資を受ける場合は無理の無い返済計画&事業計画を