人の購買心理の7段階

人が物を買うというときにも心理状態があるみたいです。この購買心理を紹介しているサイトがありました。
引用元:Webウェブマーケティング営業戦略の法則入門

第一段階 注意

広告をだすさいに、目に留まり注意を向けさせることになります。ブログなどではタイトルとか、書く記事の見出しなどが当てはまったりするかと思います。

第二段階 興味

目に留まっても聞く耳を持っていただけなければ意味がありません。興味を持って貰わない限り話は聞いていただけないので、ここで関心をもたらし『これ、いいな』とか、『これ気になるなー』といったことをします。ブログでは第一段階が記事タイトルだとしたらここは記事タイトルしたの文章などになります。

第三段階 連想

興味を持って頂いたら、今度は実際に商品を使っているようなシーンを想像させます。商品を活用している自分を想像してもらえれば、次の『欲望』へ変わります。ブログで商品紹介をしていたら、その箇所になります。

第四段階 欲望

誰もが持っている『欲』です。手に入れればやったーなどと『快楽』を味わい、手に入れれなかったら悔しいなどの『苦痛・後悔』などを味わいます。

第五段階 比較

『欲望』だけでは、人は単純に『購入』という決断を行いません。他との『比較』をすることで納得をしようとします。接客ではあなたの欲しいものより極端に高額なものを見せられたり、逆に安価なものを見せられたり、その商品の優位性をアピールしてきます。

第六段階 確信

『比較』をすることで商品の良さを認識します。次に商品に対する安心感や信頼感を得ることで、その商品の良さが確信に変わっていきます。

第七段階 決断

『確信』を得ても支払いという関門が残っています。支払いに対する躊躇に、金利なし・分割・ボーナス一括・クレジットといった手段で最後の関門を越え、購入の決断に結び付けます。

備考

リスティングやバナー広告などでは、第一段階と第二段階をその広告で踏ませないといけないです。限られたスペースでシンプルに表現して第二段階までもっていけるのは凄い事だと思います。