痒いところに手が届くWordPressのプラグイン

WordPressを使っているとちょっと不便に感じる事があります。例えば記事の複製をしたいけどできない。FTPではなくSFTPを使いたいけどデフォルトではない。ウィジェットに画像を使いたいけど対応していない。

など今回はそんな痒いとこに手が届くプラグインを紹介したいと思います。どれもこれも有名とかよく聞くというプラグインでもないですが、縁の下の力持ちという言葉を贈りたくなるぐらい素晴らしいプラグインです。開発者の方には感謝しかありません。

記事の複製-Duplicate Post

記事を複製したいと思ったらこのプラグインが最高です。複製したい記事を複製とするだけでその記事を複製して下書き保存状態で保存してくれます。詳しくは 記事を複製できるWordPressプラグイン「Duplicate Post」のページを見てください。logwでもPhotoshoplabでもいれているプラグインです。

SFTPに対応させる-SSH SFTP Updater Support

WordPRessをVPS以上のサーバーで運用している場合、個別にFTPをインストールするのが面倒などがあると思います。そんなときはこのプラグインを使います。これを使う事でWordPressをSFTPで使う事ができます。

プラグインのダウンロードはSSH SFTP Updater Supportのページからできます。使い方はWordPressでFTPアップデート出来ない→SFTP化するのページを見てください。

ウィジェット画面に画像を載せたい-Image Widget

WordPressでウィジェットを使っていると、画像のアップができなくできたらいいのになと思います。そんな時はこのImage Widgetがお勧めです。このプラグインをいれるだけでウィジェットで画像が使えるようになります。詳しくはImage Widget – ウィジェットでサイドバーに画像を表示できるプラグインWordPressプラグインのページを見てください。

ログイン履歴を見る-Crazy Bone(狂骨)

WordPressのログイン履歴を記録してくれるプラグインです。これで管理画面へのアクセスが自分以外にもある場合はベーシック認証するなどをすることで対策できます。詳しくは【重要】早めに実行!!WordPressの管理画面のセキュリティー対策の記事を閲覧してください。

DBバックアップ、復元まで全てお任せ!-WP-DBManager

WordPressを使っているとサーバーの移管などしたりすることもあります。そんなときはこのWP-DBManagerというプラグインがお勧めです。DBのバックアップ、復元などができます。logwではよくサーバーを変えたり入れ直したりするときはこのプラグインを使っています。WP-DBManagerプラグインの使い方の記事で詳しい使用方法は載っております。