目標10,000記事!

目標10,000記事!

logwはInternet Explorerには対応しておりません。

logwはInternet Explorerには対応しておりません。

このスライドは、ブログとは何の関連もありません。

このスライドは、ブログとは何の関連もありません。

WEBサイトの価格について考えてみた

WEBサイトの制作料金というのは、会社によって異なります。安く作りますという会社もあれば、サーバーも全部用意しますって会社もあります。中には、高いけど品質は最高ですというような会社もあると思います。正直価格はピンからキリまであります。ちょっとだけWEBサイトの価格について考えてみました。

WEBサイト制作に必要な環境

一つのサイトを制作するのに、必要な物を考えてみると以下の二点になるかと思います

  • ドメイン
  • サーバー

ドメインはなくても、サイトは持てますが、自分のサイトといういみではプロバイダーのスペースとか楽天とかYahooストアのような提供側のサブドメインとかディレクトリに階層というのはちょっと違うかなと思うので独自ドメインが対象としていれました。

費用

ドメインやサーバーは年間で契約するので、固定な料金です、ドメインは年間920円〜とあり、サーバーも安ければ月額105円とか、年間100円という怪しいとこもあります。

比較的低価格で両方とも借りれます。では実際にサイト制作にかかる料金は平均いくらくらいか調べて見ました

サイト制作にかかる費用(平均)

サイトの制作費用は、個人のフリーランスの方や法人によるのと、EC系、CIサイト、CMSの導入するなどで変わってきます。正確な平均というのは正直だせないというのがあります。

そこで、今回は制作料金が載っている会社のページを集め、それぞれの項目毎に平均を割り出してみました。
※サイトのジャンルを絞ったわけでもなく、会社によっては項目が無いとこもありました。そのため、この数値は正確性は一切なく、あくまで平均的にみればこんだけかかるんだなという目安程度にして下さい。

サイト制作一式
¥173,500
トップページ制作(デザイン・コーディング含む)
¥119,300
下層制作(デザイン・コーディング含む)
¥22,800
フォーム制作(CGI・PHPどちらか一つ)
¥31,300
ロゴ制作
¥43,000
FLASH制作
¥61,800

平均単価について

上記の平均単価は、あくまで料金が載っている制作会社の項目をエクセルで足して平均したものにすぎません。中にはない項目あります。そのため、業界の平均料金というつもりもなく、信憑性も正直ないといっても過言ではないです。ただ、項目でわけると単価としてはこの程度かかるという事で見ていただければと思います。

CMS等の導入費用、サーバー代金、ドメイン代、更新費用などは一切入っていません。あくまで制作の単価になります。CMSやサーバーも導入するということはコストがさらに上がると言うことになります。

高いという印象が持たれる

上の金額を見ていただければわかるとおり、おそらくサイト制作するにはやけに高いんじゃないかと思う方もいるかもしれません。トップページの1ページだけに約12万円(上記料金の平均価格)とかおかしいだろって思う方もいるかもしれません。実際に1ページだけで印刷するわけでもなくPCとかで閲覧するものがこんなにもするというのは高いと言うのもなんとなくわかります。

高いには高いなりの理由がある

見た目たかが1ページでこんなにも高いというのは正論とは僕は思っていません。まず、お客様に直接ヒアリングをして、デザイナーがお客様の要望にあったようにデザインします。そのさい、素材がなければ作ったりボタンなどのパーツを作ったりと、一つのデザインを仕上げるのに何日もかかったりします。

デザインが1パターンや 2パターンでしかもなかにはこのデザインなんかすぐできるんじゃないの?と無神経な人がいますが、そういう方は一度自分で体験してみたほうが良いと思います。できないから頼んでいると思うなら口に出すべきではないです。失礼すぎます。

デザイン→コーディング

デザインが終わったら、今度はPCのブラウザで見れるようにコーディングをします。このときのデータがHTMLデータとなります。プログラムとかだとPHPを使うのが多いです。

テスト、検証

ユーザーが使うブラウザは一種類ではないです。有名なInternetExplorer、firefox、chrome、OperaやMacでいうSafariなど数多くのブラウザがあり、モニターもワイドから4:3の液晶モニタ、ノートブックのような小さな解像度PCなど様々です。ブラウザはバージョン毎に一つのブラウザとわけると数は数百種類以上にものぼります。

そんな中、全てのブラウザや環境の組み合わせでテストをするのは不可能に近いので、主流ブラウザを使いテスト、検証をします。特にデータベースと紐付いているようなプログラム等は一つ間違えれば大変な事になるのでテストも慎重に行います。サイトの規模によっては二人、三人などのチームがいます

一つのサイトを制作するまでにかかる期間、人数

小さな個人事務所のサイトと、銀行などシステム系のサイトでは全然人数も期間も金額も変わってきますが、一つのサイトを制作するのに、ディレクター1名、WEBデザイナー1名は最低でもかかります。プログラムを使う場合はプログラマ1名が入ります。一つのサイトを制作するのは一人ではないということです。複数の人が関わると言うことになります。

※フリーランスの人とかは一人でやっている事もありますが、一人でプログラムとデザインに精通している人は多くはないのでテストもあやふやとかのケースもあります。また、最近ではDTP出身でWEBをしているというケースもあります。

WEBサイトの作成は簡単ではない

WEBサイトの作成は、決して簡単ではないです。普段ユーザーが当たり前にみれるために制作側が制作しているのです。一見簡単に見えるせいか、時々『もっと安く作ってよ』という方がいます。

安く作っては禁句

高いもっと安く作ってよという方は、実際に家を購入するときに『高いからもっと安く家を作ってよ』と言うことができますか?できないですよねそんな事。けどWEBサイトの制作においては簡単に言う人がいます。家を購入するときに同じようにもっと安く家を作ってよと言う勇気がなければ安く作っては言ってはいけないとおもいます。

安いけど高品質なサイト

安いけど品質(クオリティー)の高いWEBサイトを制作しますというサイトがあります。僕個人としては安請け合いしたサイトは高品質なサイトに仕上がることは無いと思っています。

制作者は機械ではなく人

サイトを制作する人は機械ではないです。人間です。最初は安くても高品質なサイトを作ろうと心がけていても、どんだけ頑張っても○○円しかないんだもんなと思う事だってあります。そうなれば、必然的にここはこんなもんでいいや。と若干の手抜きをします。

手抜きをしてもお客様はわからないからいいやという事あり、結果的に高品質に見えそうだけど実際には低品質なサイトのできあがりです。何か言われたら修正費用がかかりますとか、仕様ですと言えば良いだけです。

高いのは当たり前だと思う

WEBサイトの価格が高いと思うのは、やはり品質だけではなく、それに関わった人の数やこだわりや良い物を提供しようという心も入っています。そのため、WEBサイトの制作が高いという印象をうけたり、実際には思っていた以上に高いと思うのはしょうがないと僕は思っています。

サイトラボではお仕事募集しています。WEBサイトの制作、サーバーの構築などしています。是非お問い合わせください。

管釣り.com-KANTSURI-公開中。ゆっくり作っていきます。

この記事が役に立ったと思って頂けましたらシェア御願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加