WordPress専用サーバーって何?調べてみました

WordPRessは今ではブログだけではなくコーポレートサイトなどにも使われるようになりました。テーマを変えれば見た目も一気に変えることの出来る凄いCMSです。かつてWordPRess VS MT の争いがありましたが、完全にWordPressが勝ちました。

WordPressは世界的で1番使われているCMS

世界中のWEBサイトでCMSの使用率は約30%だそうです。CMS全体なのでWordPress、MTなど全てのCMSの使用率になります。世界的に見ればCMSは全体の3割しか使われていないみたいです。全然凄くねーな。と思うかも知れませんのでいい方を変えて見ます。世界中のサイトのうち3つに1つがWordPressです

なんか一気に凄いと思えますよね?

CMSの内訳で言えば60%近くがWordPress

CMSの内訳で言うと、6割のサイトがWordPressで作られているみたいです。結構使われております。実際にlogwもWordPressを使っています。管釣り.comは静的なのでCMSは入っていません。

なんでWordPRessが多いのか?

何ででしょうね?使いたい人が多いって事かなと。興味有れば調べて見て下さい。僕は興味ないので調べる予定はないので調べたら是非教えて下さい。

WordPRess専用サーバーって何?

WordPress専用に設計されているサーバー

サーバーの中には最近WordPress専用サーバーというサーバーがあります。どうやらWordPRessのためだけに作られてチューニングまでされているWordPressを使う人のためのWordPRessを動かすためだけの専用サーバーみたいです!

MT専用サーバーとか、concrete5専用サーバーって聞いた事がないのでWordPRess専用サーバーができるというのは凄い事だと思います。

専用サーバーとの違い

物理的な専用サーバーとの違いは費用面が一番大きいと思います。専用サーバーといえば毎月1万円最低でもかかるというのがありますがWordPress専用サーバーは500円から使えると価格面が全然違います

根本的に機能も違う

物理的な専用サーバーというのは使い勝手は契約者の自由です。例えばアプリ配信で使う。再販する。VPSやクラウドが諸事情で使えないので専用サーバーを使う等があります。

物理的な専用サーバーは契約者がどんな使い方をしても良いという事になっています。もちろんWordPressを大量に入れて負荷テストとかをしてみるというのもありです。

WordPRess専用サーバーというのは基本的にWordPRessを使っているサイトのみなので、他のCMSを動かすなどはできません。

料金面

専用サーバーといえば高いイメージがあります。実際に専用サーバーの費用を見てみます今回は仮想専用(VPS)ではなくて物理的な専用サーバーを見ますそれぞれの違いは共用、専用、VPSサーバーの違いを見てください。

WADAX

専用サーバーと言えばワダックス。ここの料金面を見てみます

  • 初期費用:86,400円
  • 月額:19,940円~30,240円
  • CPU:4コア/8スレッド
  • メモリ:16GB

※2018年9月現在です。中々な費用となっております。これが一番低いプランのためもっとスペックが高いと価格も上がります

CPI

KDDIグループの専用サーバーになります

  • 初期費用:150,000円
  • 月額:26,000円
  • CPU:4コア/8スレッド
  • メモリ:16GB

※2018年9月現在です。ワダックスよりも少し割高な印象ですCPUがXeonのE5なので若干CPUの性能は高いです。

さくらの専用サーバー

昔からあるさくらインターネットの専用サーバーです

  • 初期費用:86,400円
  • 月額:9,720円
  • CPU:4コア/8スレッド
  • メモリ:16GB

※2018年9月現在です。他2つと比べて安いです。この価格に対応しているのはGMOクラウドの専用サーバーかもしれません。マイティーサーバーなどがあります。

専用サーバーは費用的に高いなーというのは間違ってないかもしれません。次にWordPress専用サーバーの費用を見てみます

7wpservers

どこ?と思われた方。その感覚は正しいと思います。僕も聞いたことないとこです年額9,980円でドメインなども無制限みたいです。スペックは公表されていませんが100万PV集めても高速表示可能なサイトみたいです。

  • 初期費用:不明
  • 月額:不明
  • 年額:9,980円

シンプルな料金形態。1万円払っておつりが来て、さらに好きなだけWordPressを使って入れられるみたいです。

COREPRESS Cloud

GMOデジロックのサービスです。バリュードメインとかコアサーバーで有名な会社です。WordPress専用サーバーだしていたみたいです

  • 初期費用:0円
  • 月額:500円~16,000円

PV数によりプランが変わり費用も変わるみたいです。WordPressの個数も影響します。一番安いプランでもPV目安は45万です。logwもこれにしようかな・・・と思いたくなるものです。logwは月間1万PVもございません。

wpXクラウド

WordPress専用サーバーを始めたのは最初がここだと認識しております。エックスサーバーを有名にしたイメージが勝手にあります。

  • 初期費用:0円
  • 月額:500円~50,000円

専用サーバーの月額よりも場合によっては高くなります。50,000円のプランは想定PV2500万となっております。月間2500万PVってどんなサイトなんですかね。恐ろしいです

カゴヤWordPress専用サーバー

カゴヤでもWordPRess専用サーバーができていました。

  • 初期費用:0円
  • 月額:432円~51,840円

スペックも公開されていました。最大で32コアとか凄いです。ただ最大メモリが32GB・・・?一体なんのCPUを使っているのか・・・

共用サーバーをWordPRess専用にしたもの?

WordPress専用サーバーは共用サーバーをWordPRess向けにチューニングし直した物なのか?と思うかも知れませんがそれはわからないというのが答えになります。WordPress向けに専用なチューニングをサーバーの構築だけではなくハードな面からしているとこもあるかもしれません。

CPUなどはコア数しか公開されてない

VPSや専用サーバーは一般的にサーバー向けCPUというのが使われます。家庭向けと違って性能が高いCPUです。有名なのはインテルのXeonというのになります。WordPRess専用サーバーはCPUが何を使っているのかなどは公開されていません。